ようこそ、このページはつむじ風ねっとショップサイトです。グリーンマグマ、フルボ酸、バジャンねっとショップサイトです。

フルボ酸の知識PartⅡ 頭皮ケアと正しい発毛・育毛法 ⑤

フルボ酸の知識PartⅡ 頭皮ケアと正しい発毛・育毛法 ⑤

髪が抜けるのはストレス!
ストレス発散とコンプレックス解消・・・。
毎日の頭皮ケアのポイント!
とにかく、
気長く髪と付き合う決意を!



 昨今、抜け毛や、脱毛に悩む人々が増加している。『抜け毛』で検索すると、あっという間に892万件検索される時代である。それだけ、ストレス社会が現出しているものと思われる。

Kensakukeka

 

 ストレスとは、外部要因と内部要因があるが、外部要因とは環境や仕事、そして、生活習慣である。それらをよりよい状況に改め、ストレスを取り込まないようにすることが肝腎だが、内部要因としては、上手く発散させる手だてが求められる。


 ストレスに強い人、弱い人がある。


 いずれにしても、溜まれば一定の水準で障害が発生する。溜まらないようにするには、一定の期間に発散させることが必要になる。ストレスに強い人とは、上手く発散させることが出来る人と言うことになろう。


 コンプレックスとは、ストレスが
蓄積された状態で、必ずしも悪い面ばかりを指す言葉ではないが、溜まる一方では、良いはずはない。ストレスは、ある意味、原動力ともなる心的状態でもあるから、何かを為そうとする場合は、誰しもストレスを必要とする。


 問題は、蓄積されたものをどう解消するかである。


 極めて簡単な例で書けば、洗髪しなければ、頭皮に汚れが溜まる。汚れは環境的ストレスとなって、頭皮・頭髪を弱らせる。適宜シャンプーすることが肝腎だ。

11031049887

 

 これと全く同じ事で、ストレスが溜まれ(コンプレックス)ば解消することである。


 それでは、育毛のための12箇条を書いておきたい。

 

 

    1. ブラッシング

 

    1. シャンプー

 

    1. 整髪料

 

    1. 適度な運動

 

    1. 入浴&マッサージ

 

    1. 理美容店の積極的な利用

 

    1. バランスのよい食事

 

    1. 健康な土壌で育ったものを食べる
    2. フルボ酸の飲用
    3. 良質な睡眠

 

    1. 適度なストレスの発散

 

  1. 自分の自然治癒能力を信じて気長にやる

 

 (出典:フルボ酸で発毛・育毛より)


 案外、最近はブラッシングを軽視する傾向が多い。そして、ブラシの質も重要である。


 ブラッシングは、直接、頭皮に対するマッサージで、血行を促し、皮脂を全体の行き渡らせる効果が期待出来る。特に、脱毛部分や、薄毛の部分は避けがちであるが、逆で、そうした部分こそ丁寧に、特にそうでない部分との境界線を中心にするべきだ。

Photo_main

 

ブラッシングによるマッサージ効果は、特に、そうした部分に期待出来る。


 この12箇条は、至極当然の事ばかりで、敢えて付け加えるべき事もないが、シャンプーは何度でも良いが、肝腎なことはすすぎである。朝シャンが良くないと言われる理由は、すすぎが不十分になるからだ。

 9.フルボ酸を飲用
については、補足しておきたい。


 これまで書いてきたように、フルボ酸は、生命活動になくてはならない天然の有機酸である。元来、自然には豊富であったし、そこから採れる食物には豊富であった。しかし、昨今は少ない。


 腐植土による栽培は、少ないからで、又、腐植土すらも少なくなっている。これは地球環境の破壊に由来する。

Shilajit4

 

 フルボ酸を多く摂った植物は、病気をしない。又、成長力がよい。同じく、そうした植物を食した動物は健康である。これが理由である。


 それはフルボ酸が、もっと画期的な代謝成分であるからだ。不必要な重金属を排出し、必須ミネラルを効果的に体内に取り込むキレート作用に優れているからである。

 9.フルボ酸を飲用していると、寝付きが良く、目覚めがよい。つまり、疲れを溜めないと言うことである。別な言い方をすれば、コンプレックスを効果的に解消出来ると言うことだ。


 ストレスは一時的に発散しても、又溜まる。溜まることをコンプレックスという。これを効果的に解消しなくてはならない。これにはフルボ酸以外にないと言っても良いのである。


 フルボ酸は、気生え薬ではないが、発毛・育毛には欠かせないものであるというのは、上記の理由からである。

O0677045211506068433

 

 今まさに、抜け毛や脱毛に悩んでいるなら、市販のシャンプーやリンスに直接混入して使用することを有効である。少し水に薄めて、頭皮に擦り込むことも、整髪料に滴下して使用することも可能である。


 それらについて、専用の頭髪製品も準備されているから、それを利用すれば、そうした手間暇は要らないが、同じ事である。

Dan

 

 とにかく、フルボ酸を活用すると言うことは、溜めない事(コンプレックス)を実現するためである。


 余談になるが、そもそもフルボ酸に注目したのは、彼の東北大震災、取り分け、福島原子力発電所放射能事故に関わる、放射能(核種)蓄積から如何に身を守るかについてであった。


 その事については、今回割愛するが、『フルボ酸』について、何度も書いてきたのでご参照頂ければ幸いである。

Huruboblog

 

 何よりもリラクゼーションが必要である。


 病気という病気は、安静していれば、自然治癒能力でほとんど治るものである。癌と言えども例外ではない。ましてや、抜け毛や脱毛は、ストレスの初期症状と考えられるから、上手にリラクゼーションを得ることにより、その回復は早い。


 最近は、


 『抜け毛が気になったら、お医者さんに行こう!』というキャッチフレーズが多い。別に、医者を敵に回すつもりはないが、医者と弁護士はストレスを与えても、リラクゼーションとは与えることは少ない。


 医療費の削減を唱えながら、何でもかんでも病院へと言うのは、矛盾している。医療業界の医療費確保がその戦略であろうが、その手に乗って、逆に、ストレスを溜め込むことになりかねない。


 大体、薬などというものは、身体にとっては最大のストレスである。


 寧ろ、理美容店を上手に活用することである。その名の通り、格好良くなったり、綺麗になったするために利用する場所である。しかも、昔は、外科医と床屋は同じ人間の仕事であったと言われている。


 そのために、赤と青と白のまだら模様が、その看板となっている。青は静脈であり、赤は動脈だ。白は包帯を表していると言われている。

220pxbarberspole

 

 又、日常、毛髪や肌に直に触れる職業であるから、身体の異常には敏感な方が多い。何より目的がポジティブ、前向きである。おまけに、上手な語らいでも実現出来れば、ストレス発散に最適である。


 思えば、


 欠かさずに行く理容店では、しばしの昼寝の時間だし、丁寧に耳掃除から始まって、肩から背中に掛けてマッサージを施してくれる。一月に一度だが、至福の一時と言えば、大袈裟だろうか?


 ストレスの内部要因は、人それぞれであろうから、一概には言えないが、本当に自分でやりたいことをして生きていくことが出来れば、最良のリラクゼーションと言えるだろう。


 いやなことはやるべきではない。


 指図されてやるべきではない。


 進んで取り込むべきである。


 難しいか? だが、不可能ではない。

 

 

 

Photo

 



a:2083 t:1 y:3

コメント


認証コード6930

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional