ようこそ、このページはつむじ風ねっとショップサイトです。グリーンマグマ、フルボ酸、バジャンねっとショップサイトです。

水素水の現状! これは便利、簡単、作りたてがいつでも・・・

水素水の現状! これは便利、簡単、作りたてがいつでも・・・

水素水についての見識は、
今に始まったことではない・・・。
元々、電解水についての嘗ての杵柄からだが・・・
識見と言う程ではないにしても、
殺菌水から、アルカリイオン水まで、
実証例を観てきたからである!

 

 勿論、シンポジウム(学会)にも数多く参観したことがある。やがて、強電解水(超酸化水)は、生成装置が殺菌・消毒の医療用具の認定を受けることとなる。

 

 その一部始終を見てきた。

 

 そういうことから、ナンナミスト(超酸化水化粧水)は、一発で理解したのである。

 

 さて、水素水についてであるが、余りに安易な流行を危惧する立場でもある。それは実際には水素が含まれていない水素水が、多く出回っている。

C01_img01

 

 

 又、

 

 発生メカニズムに疑念がある。それは、食品衛生基準から見ての検証が不十分だからだ。

 

 本物を提供したい。この一念に尽きる。

 

 では、自身はこれまでどうしてきたか? 一貫して水素水を生成して飲用してきた。しかし、この方法は余り誰にも知られていない。説明も、極めて難しい。言ってみれば、一つの常温原子転換なる方法である。ニュートリノ(素粒子)原子転換製法だ。(現在、日本も含め各国特許を得ている)

 

 機会が来れば、記事にもしてみようと思うが、それは後回しである。

 

 経験則から考えて、誰にも理解でき、機器等で検証でき、簡単に生成できる方法は、やはり角膜電解法による水素水生成方法である。触媒法も承知しているが、ご案内する機会に恵まれていない。

120417

 

 

 マグネシウム触媒法は、余り、感心していない。金属マグネシウム、水素マグネシウムは食品衛生法でいう食品添加物として認められていないからである。

 しかし、触媒が飲む水に接触しない優れた触媒法もある。これなどは安心である。(これも、後回しである)

 消去法で行くならば、隔膜電解法は、歴史があり、安心であるという見解に到達する。

 水は極めて重要である。

 なにせ、人体の約7割は水だ。その水が危ない。環境汚染もあるが、その前に、浄水過程に様々な薬品や使われ、最終的には殺菌と称して、次亜塩素酸ナトリウムが使われている。これは水道法に基づくもので、広く、病変を防ぐと言う大目的からすれば、やむを得ない処理でもあろう。

Aquela_img2

 

 

 しかし、飲用水としては危惧する向きは多いことも事実だ。

 その証左に、ペットボトル全盛の時代を招いている。それも必然の傾向であるとして認めるが、美味しい水は極めて少ない。水に味はないものと言われるが、そうではない。

 美味しい水は、ある。やはり、美味しい水は柔らかで、甘いのである。

Hotaru_005

54b0e064db97d71f6e7f9066e5c73ffe

 

 

 

 水素水は、甘い。これは実体験しないと分からないかも知れないが、私は実感する。水素は甘いのである。しかし、これは個人的体感でもあるので、大にして語るつもりはないが、事実、実際に水素が含有する水は、飲みやすいのだ。

 細君の実感でもあるから、書くのであるが、細君は余り水を多く飲まない質だ。女性は多くしてその傾向がある。小水のこともあろう。他にもあるかも知れない。

 しかし、水素水を奨めたところ、倍以上は飲むようになった。お陰で、私専用に調達した水素生成装置ケータイPocketは、所望されてしまった。結構なことであるが、今では家内一人宛必要となってしまって、初期費用が嵩む結果を招いている。だが、無料で水素水は作られる。

Detailpic01

 

 

 これにより、何かの病気に効いたなどと言うことは、一切、書かない。それは薬事法で問題になるからである。良いことは間違いない。しかし、それは、個々人で検証されるのは自由だし、その方が納得できる行動である。

 これだけは書いておこう。身は軽く、心(頭脳)明晰化するのは間違いがない。心身の快適性が増すのである。それは、例えてみれば、水量の多い清らかな川の流れは快適である。腐敗(酸化)し、淀んだ水の川は鬱陶しい。

 水素は、世界で最も安全な還元剤である。

 そう書けば、分かる人は分かるであろう。

 その水を、適宜、自由に生成し、飲用することが可能である。そう考えれば、病んで薬代に費やすことを考えれば、安いものであろう。水は生命活動の切っても切れない最重要物質で、これが十二分に体内に循環すれば、熱中症など起きない。

 特に、盛夏に於いては、命取りだ。それを自然に倍以上摂取するというのは、驚きであると同時に安心だ。水を多く摂取すれば、体内の脂肪や余分な糖分は流れ去るであろう。余分な塩分の又然りだろう。これは誰でも予測が付く。

 つまり、体内に清らかな流れ(血流)を作ると言うことは、容易に気が付くであろう。

 おまけに、水素は還元作用がある。先にも書いたが、酸化は、換言すれば老化でもある。少なくとも、劣化すると言うことだ。それを完全ではないかも知れないが、防ぐと言うことは、毎日、続けるとどうなるか? ご理解できるであろう。

Img_02_01

 

 

 結果、元気を取り戻すことが出来れば、幸いである。

 そうなるだろう。そのことを実感しているから、拡散しているのだ。水素水を作る原理は、簡単であるが、その機器は多種多様ある。中には??を呈さざるを得ないものも多い。勿論、推奨できるものもある。

 どれとは言わない。販売元も多数あるから、その中で選択するのも良かろうと思う。只、情報を提供するからには、その情報の観点に立って、安心・安全・確実、そして、比較優秀製品を提案しているに過ぎないのだ。

 その点、ご理解頂ければ、幸いである。何事も自由意志で、選び、実践して頂ければ、決して悪いものではないと信じている。

 又、書きたいことは、多くある。

 






期間限定Open企画を実施!!




水素水生成機のお求め Open企画9月30日迄 Edit

ケータイ出来る水素ボトル「ポケット」 Edit

ポケット水素水セット1
詳しくは?
ケータイ出来る水素ボトルPocket  麦緑素1個サービス(定価6,300円)
定価 52,500円(税込み価格)

数量

 


本格サーバー「アキュエラ・ブルーEdit

アキュエラ・ブルー水素水セット2
詳しくは?
本格サーバー「アキュエラ・ブルー」  麦緑素3個サービス(定価18,900円)
定価 298,200円(税込み価格)

数量



a:2739 t:1 y:1

コメント


認証コード9706

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional