ようこそ、このページはつむじ風ねっとショップサイトです。グリーンマグマ、フルボ酸、バジャンねっとショップサイトです。

Pocket取り扱い説明

Pocket取り扱い説明

ご使用の前に・・・

まず、充電をして下さい。

充電1
  1. 本体のジャックキャップを外します。
  2. 付属のACアダプターをご家庭のコンセント(100~110V)に差し込んで下さい。
  3. ACアダプターのプラグをジャックにしっかり差し込んで下さい。
     

充電の開始と完了について

充電2

 ベースのライトが赤く点灯したら、充電が開始されます。
 ※ジャックにプラグを差し込み、ライトが赤く点灯するまでに、2秒程度罹ります。(本体の状態を確認する時間です)
 ライトが消えたら、充電完了です。
 ※海外での使用は、電圧が違いますので、そのままでは充電できません。





分解と清掃・組み立て

 製品と同時にお届けする取扱説明書を良くお読み下さい。割愛します。

イラストA

イラストB

ご使用方法

 製品のベース(底部)のスイッチを押して下さい。(イラストC参照)
 ベースのライトが点灯します。(七色に変化します)
 一回のスイッチ操作で、10分間水素を発生します。
 ライトが消えたら、水素水の完成です。
 2回(20分)押して、水素濃度を高めることも出来ます。

 水素水は、放置しますと次第に普通の水に戻ります。(約4日間)
 ですから、
 飲用の直前に生成されることをお奨めします。一家の充電で、約40回スイッチオンすることが可能です。(水素発生量や水質によって変わります)

イラストC

その他の留意点

  • 途中で水素の発生を停止する場合は、スイッチを長押しして下さい。(1~2秒)
  • 水素発生中にプラグをジャックに差し込むと、充電の状態になります。水素発生モードが止まります。
  • 充電の状態では、スイッチは作動しません。つまり、水素発生モードには入りません。
  • ベース(底部)のライトが赤く点滅したら、充電のお知らせです。充電して下さい。充電時間は約3時間です。
  • 充電のお知らせになる前に、プラグをジャックに差しても、充電の状態になります。つまり、水素発生中であれば、中断になります。
  • 充電のお知らせになってから、数回は水素を発生します。
  • リングはオートクリーニングになっており、通常ではクリーニング不要ですが、カルシウム等の付着物が見られた場合は、ポット洗浄剤(クエン酸等)を溶かし、一日放置して下さい。

故障かな? と思ったら・・・

スイッチを押しても水素の泡が見えない。(ライトはついている)

 ご使用の水を変えるか、レモン汁を数滴入れて下さい。
 ※水を変えて発生した場合、はじめの水は電気を通しにくい水質です。
 (純粋・精製水は電気を通しにくいので水素は発生しません)

充電が出来ない。(ライトが点灯しない)

 ACアダプターがコンセントに、しっかりと差し込まれているかを確認して下さい。
 ACアダプターの部ラグが、ベース(底部)のジャックにしっかりと差し込まれているかを確認して下さい。
 ※プラグを差し込んでから、ライトが点灯するまでに2秒程度かかります。
 バッテリーの寿命が考えられます。消耗品ですので、定期的な交換をおすすめします。

ボトルとキャップやベースの間から水がもれる。

 キャップやベース(底部)のパッキン(灰色)が入っていることを確認して下さい。
 パッキンが入っていても水漏れする場合は、もう少しねじを硬く締めて下さい。
 ※ボトルとベースのすき間に、水が残る場合があります。
 これは水漏れではありませんので、よく水気をふき取って下さい。

 それでも不明の場合は、お気軽にお問い合わせに、お問い合わせ下されば、幸甚です。

 ※その他、取り扱い説明書にある、使用上の注意を良くお読みになり、正しくお使い頂くことをお願いします。

画像の説明


a:8830 t:2 y:14

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional