ようこそ、このページはつむじ風ねっとショップサイトです。グリーンマグマ、フルボ酸、バジャンねっとショップサイトです。

関連情報

関連情報

何故、『大麦若葉搾汁』青汁を普及(拡販)を始めたか?

それは大震災の前の2月25日であった!!
それは、
本物の『青汁』を認識してほしい一念であった・・。
しかし、
折しも原発が爆発し、放射能禍の艱難の時を迎えた
直感した!! カリウム・カルシウム=セシウム・ストロンチウム

 

 

 内部被曝の予防に、少しでも役立つことを願った。はたして、それは可能か? それは断言できるエビデンス(臨床データ)がある訳ではない。しかし、体内の豊富なカリウム・カルシウムの不足ない状況は、ヨウ素剤と同じく不可欠である考えるのは自然であった。

 

グリーンマグマ(麦緑素)とカリウム

 

Photo

グリーンマグマ(麦緑素)とカルシウム

Photo_2

ついでにグリーンマグマ(麦緑素)とマグネシウム

Photo_3

<食品分析センターによる(出典:麦緑素の効果より=萩原義秀著)>

麦緑素原料分析で製品分析表示とは異なります。(製品は、抗保湿剤<デキストリン>等含有していますので、上記数値が変わります。)

※製品分析表示は製品パッケージに表記されています。

この確信は、変わらない。何度も確認した。

Photo

 

 

 他にも数々の方法論が、知見を伴い紹介されている。乳酸菌もそうだし、その派生加工食品である発酵食品や、みそやその他の有為な食品に対する希望は大きい。

 

 それほどまでに、放射能禍は深刻であり、それに対する無認識は甚だしい。無認識と言うより、意図的な忌避である。それは政府・関係官庁の姿勢に現れている。

 

 これでは救われるものも救われない。

 

 一般市民は、国民は不安を募らせる一方である。その不安について、全てに応えることは到底不可能であるが、その一助になればと願っている。

 

 他のすぐれた知見・手法・方法は全て視野に入れるべきである。

 

 只、充足したミネラル・栄養は、重要である。その点奇しくも青汁は生理学的に理に適っている。その事は奇遇ではあるけれども、普及(拡販)は時節を何時にした訳である。折しも、生鮮食品に対する放射性物質の汚染は拡大している。

Aojiru_img01

 

 

 予想されたことである。

 

 しかし、あまりにも隠蔽が大きく、全ては後手に回っている。牛肉も牛乳も、そして、米に到るまで誰しも予想されたことである。だから、安全基準は不意に引き上げられた。

 

 安全基準が引き上げたからと言って、急に安全になろう筈がない。基準の引き上げは、単に政治上の、統治上の都合でしかない。放射能(性物質)フリーが望ましいことは言うまでもない。

 

 こんな事は、誰でも分かることだ。

 

 しかし、今、それを声高に叫んでも詮無い状況にある。基準を引き下げても放射能汚染は現実のものとなっている。それが変わる訳ではない。逃げられる人は逃げるべきだと考える。投稿者も当然そうしてであろうが、それが叶わない人々が圧倒的に多い。

Tumblr_lmb1uspkzo1qi1yrpo1_400

 

 

 せめてもの想い以外にない。

 

 さて、その実際は兎も角、確信はある。しかし、あくまでも確信であるから、効能効果を主張する意図は、全くない。

 

 さて、そんな中、放射能フリーかどうか不安視するメール・問い合わせが多くなった、それほど全国的放射能拡散が深刻化している。勿論、直接的拡散もあるが、危惧されるのは、餌、肥料までに及んで、間接的拡散である。

 

 その原因は、隠蔽と過小評価と、体系的な対策の欠如にある。その原因は、事ここに至っても、利権複合体質と官僚体質の悪弊にあろうと考えられるが、そんなことで済む問題ではない。彼らも被災の対象者となることは、残念ながら必至である。

 

 目に見えない放射能禍は、静かに全てを平等に覆い尽くす。

Tumblr_ll7yywhglc1qi1yrpo1_400

 

 

 賢明なことは、いち早く、防御の対策を一致団結して摂ることだ。しかし、仲々それは捗らない。愚かと言うほかない。

 

 兎も角、放射能フリーを実践することだ。小さな事からでも取り組みたいと考えている。近々中に放射能フリーに努めた野菜の紹介を始める予定だ。今、ネゴシエーションを詰めている。成功すると嬉しい。

 

ところで、既に普及(拡販)している『大麦若葉搾汁』青汁=グリーンマグマであるが、99.99%放射能(性物質)フリーである。それは下載の画像にあるとおり、生産・製造加工は大分県の産である。

Ooitakouzyou

 

 

 現在出荷の分は、ほとんど大震災以前のものである。この後もその点については、厳重に管理される。その事は多くメーカーに問い合わせが来ていることから、明確に回答を得ている人々も多い。

 

 しかるに、今後、警戒されるべき要素は少なくない。無策による間接的放射能(性物質)拡散である。これは声を大にして、対策の実行を求めなければなるまい。そして、格段の監視が必要である。

 

 大体、基準値の引き上げが、非合理である。何等、科学的合理性が主張されては居ない。単に、科学的に因果関係が立証されないという『大丈夫、大丈夫』コール掻き消された意図的なものである。

O0600060011123408648

 

 

 そんなものは、峻拒する。低放射線量安全神話も峻拒する。無碍に恐怖を煽る意図はないが、そんな話に洗脳されるほど無批判で居られようか?

 

 本物は本物だ。

 

 本物と確信しないものは、普及(拡販)しない。ブログの記事も同じだ。しかし、それを強要するものでもない。単に一つの主張であり、一つの実践である。勿論、間違いもあろう。それはそれで謙虚に認める意思はある。それは仕方のないことである。批判は受け止める。それしかあるまい。

2

 

 

 先にも書いたが、本来、『大麦若葉搾汁』青汁=グリーンマグマは放射の対策で始めた訳ではない。本質的に健康に欠かせない要素を啓発・提供を実践したいからだ。

 

 それは、基本的に不可欠なミネラル・微量栄養素、そして、酵素だ。しかも生きた酵素は不可欠である。それは一般論として、生理学的定説である。病理学的に何かの疾病に効く等と主張しているのではない。

 

 投稿者は、玄米を食し、『大麦若葉搾汁』青汁=グリーンマグマを6g以上食することを推奨している。それは老母(84才)に対しても同じである。近頃は、春ウコン(乾燥粉末)を7g/日、5回以上に分けて摂取している。

Photo_2

 

 

 格別にどこかが悪いという訳ではない。『知って行わざるは、知らざるなり』だからである。乳酸菌も始めた。しかし、これは飯山一郎さんという大御所が居るし、その『弟子達』が蒼々たる勢いだ。心強い限りである。これ以上、言及する立場でもない。

 

 グルンバによる土地改良大計画には、刮目している。

 

 最後に、『大麦若葉搾汁』青汁=グリーンマグマの生産・加工工程を写真で可能な限り紹介して、本稿を終わる。 

Photo

Photo_10

 

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_11

 

Photo_8

Photo_9

 

 

 

 

 

 

 

 

a:8483 t:1 y:3


認証コード(9270)

大麦若葉エキス『グリーンマグマ』を使った健康レシピ!!

艱難の時代、
大麦若葉エキス『グリーンマグマ』健康レシピを公開する!!
ご参考に・・・・。


 新装オープンの『つむじ風ねっとショップサイト』に常時、公開しています。


Top_page2


 

 拙ブログ読者諸氏の多数ご愛飲頂いている。是非、お役に立てれば嬉しい。


 


大麦若葉エキス健康レシピ 

続きを見る→
a:8483 t:1 y:3


認証コード(2277)

自分で自分を守る放射能対処法!!③

玄米・菜食の奨め!!
『一日玄米4合と味噌と少しの野菜を食べ・・・・』
とは、宮沢賢治の『アメニモマケズ』の詩だが...
量は兎も角、完全食であることは間違いがない!!


 過日、飯山一郎さんもその事を提唱していらっしゃる。全く、至言同感である。
以下、転載させて頂く。

 

「もう生鮮三品(肉・魚・野菜)は買えない! どうしたらいいか?」
この質問の答は,もうお分かりと思う.
答は,玄米だけ食べていれば,人間は生きていける! ということ.
重要なことは,玄米を食え! ということ.
白米だけでは駄目ですよ! ということ.
ただし,食べ方がある.
このことは,今は北京にいて超多忙なので,明後日頃,広州に戻ったら書きます.
ともかく,皆さん,しばらくの間,生鮮三品(肉・魚・野菜)など買わなくていい.
いまは…,
玄米を食べる時の絶対条件,100回噛む! これを練習しておいて下さい.

ところで,今,私は北京にいて,ツイッターが使えません.
多くの方がツイッターでDMを出されてますが,読めません.ご免なさい.
メールの返事も,まだ多くの方々に出していません.勘弁してください.

北京で私をバックアップしてくれる会社は,北京のITの中心,「上地」にあります.
道路の向かい側は,中国ポータルサイトの代表企業『百度(バイドゥー)』の本社で,
その隣が中国パソコンのトップ企業『レノボ』の本社です.
ですから北京グルンバ集団のオフィスは,『百度』や『レノボ』の隣りということです.

北京グルンバ集団の乳酸菌培養工場は,「上地(サンディ)」から5~6kmの場所.
乳酸菌培養プラントの建設は,来週から始まります.
その近所には農地を確保し,野菜をつくります.もちろんコメもつくります.
もちろん,完全有機,完全無農薬の乳酸菌農業です.
海外にも出荷します.
出荷先は,もちろん日本です.【転載終了】


 実は、投稿者は若かりし頃、玄米菜食について、いろいろ追求した。そして、実践した。で、結論は、全く飯山一郎さんと同じ結論を得た。


 従って、今だに玄米食である。はじめた頃は10代であった。と言って、親に強制されたとか、特に健康を害したからではない。一つの書籍からである。永遠の少年-桜沢如一著-である。


 当時、高度成長期であった。生活が徐々に贅沢を謳歌しはじめた頃であるから、周りからは相当奇異に見られた。若い所為もあったのだろう。こちらは、一種の実験と心得ているから平気だが、あまり吹聴するのは憚られる雰囲気であった。

C88ccf86


 ところがどうだろう。今は歴としたオーガニックブームで、寧ろ、オシャレと取る向きもなくはない。雑穀ご飯も大人気だ。


 それはそれで結構なことであるが、今こそ正面から見直す時が来ていると思われる。


 玄米さえあれば、簡単に健康を維持できる。放射能にも対処できる。そう言う確信がある。


 小難しい理論はさておいて、瑞穂の国日本が再生するには、不可欠な要素、それは食だ。そして、それは米である。米を語るならば、玄米だ。白米は『粕』である。悠久の歴史で、人はほとんど玄米を食してきた。白米は近年の僅か数百年に過ぎない。

Yun_3175


 今でこそ、物資は豊富で、取り分け洋風食の流入で栄養は豊かだが、寧ろ、過食と肥満が増えた。所謂、生活習慣病も激増した。ひとたび、放射能禍が騒がれると、今度は汚染で栄養不足が懸念される。


 だが、玄米に目を移すと、一瞬にしてそれは解消される。しかも廉価である。信じられない人もいるだろうが、これは真実だ。もし、肥満や様々な不定愁訴がある人は一度欺されたと思って試す価値はあろう。


 玄米は白米と違って、炊くのにコツがある。玄米は何だと知らない人もいる。驚きであるが、米を白米だと思っている人が少なからずいる。稲は知っているが、稲穂をまじまじと見たことがない人も多い。


 稲穂から、籾が取れる。籾の殻を取ったものが玄米だ。玄米を搗(つ)いて白米を作る。白米には、一分づき、三分づき、五分づき、・・・そして精白米だ。精白米でも普通白米から吟醸米、大吟醸米と限りなく精白する事が可能だ。最後者は、酒などに加工する。

Photo

Momigara


 

 精白するに従って、純粋な米デンプン・タンパク質に近づくが、ほとんどのミネラル・微量栄養素は喪われる。白米=粕と言われる所以だ。だから、白米ではそれだけ食すると、必ず、栄養失調になる。所謂、脚気などはその為だ。


 だから、副食で補わなければならない。


 今だに玄米食を実践している投稿者は、周りに事欠かない生活習慣病は縁がない。やれ血圧だの、糖尿だの肥満だの関係がない。しかも、食費はどうとでもなる。きわめて安い。


 

 玄米は完全食であって、それだけでミネラル・ビタミン等微量栄養素は事足りている。これは飯山一郎さんも指摘している。頼もしい見解だ。又、実践者として、納得する真実でもある。

Img1_02

 



 とは言え、食道楽も否定しないから、少々(升々ではない)の酒や、その肴を求める。しかし、調整は玄米一本で事足 りる。人間は食い過ぎるから病気になるのだ。体調を調整するのは、過ぎるのを止める。最も簡単な方法は、玄米と塩と水だ。これでは艶がないので、玄米とみ そ汁だ。野菜がなくてもノープロブレムだ。


 玄米は白米と違って、薄い皮膜に覆われているので、白米と同じ炊き方では堅くてボロッとした食感で美味しくない。炊き方が重要である。圧力釜を用いるべきだ。そうするとモチッとした炊きあがりが味わえる。それでいて、プチッと口の中ではじけて中身が飛び出して、咬めば咬むほど味わいが深い。


 これは経験した者でないと仲々分かりにくいだろうが、美味しい。雑穀ご飯の比ではない。経験上、圧力釜で上手に炊いた玄米ご飯は、そんなに噛まなくても美味しく頂ける。しかし、咬むことは重要だ。

Maisen_g


 咬めば咬むほど美味しくなるのが、玄米だ。それにこれを実践すると、驚くべき効果がある。まず、肥満は確実に改善される。不定愁訴は数週間で消える。頭がすっきりとする。便秘など訳もない。投稿者など、万病が改善されるとまで確信しているが、それは敢えて言わないでおこう。


 何事も実感しないでは、意味がない。


 であるから、放射能禍の現今対処法に是非とも奨めたい。過日、『原爆で被爆しても原爆症が出なかった人たち!!』を転載上梓したが、全くこれは真実だと実感する。


 玄米とみそ、これは合う。野菜も良いが、少々で事足りる。合わないのは肉だ。魚はそれなりだが、みそ汁、根菜類は殊の外良く合う。玄米と漬け物、そして、みそ、これだけで最も安易で、簡易で、しかし、十二分に事足りる。副食は少ない方が玄米の味が引き立つし、健康への早道だと実感するだろう。


 玄米食を試みると分かることだが、山海珍味、豪華副食は必要でないことが身で知ることになる。そして、その方が心身ともすっきりする。頭が良くなる。


 頭が良くなると言うことは、知識のことではない。判断力だ。実際のこと、飽食していると必ず起こることは、判断力が鈍ってくる。食は命なり、と言うことが身に染みて分かる。実は判断しているのは、頭ではない、命そのものであることは実感出来るようになる。


 頭は処理コンピューターに過ぎない事が、感じられる。飽食をすると血の巡りが悪くなるから、本来の命の判断力に追いつかないが、玄米菜食を続けていると処理速度が速くなる事を実感する。


 とは言え、仲々、人はせっぱ詰まらないと玄米を食するなどと言うことは、考えも付かないだろう。それだけ、飽食に慣らされているからだ。


 しかし、飽食は食道楽として有っても良いが、決して、命を育むものではないことをこの際気付くべきだろう。飽食をすると必ず病気をする。動物でも同じだ。ペットは病気を良くするが、自然の動物は病気は希だ。


 それは自然と必要以外の食物を摂らないからだ。それが判断力である。見ていたまえ、放射能禍でも自然の動物は逞しい。きっと人間は多くの災いを被るであろうが、自然の動物はたくましく生きるに違いない。


 この意味でも、玄米食に挑戦する時節が到来したと考えるべきだ。もし、欺されても損することはない。

20070213192827


 春ウコンも良いだろう。これは緊急対応だ。乳酸菌は殊の外良い。歴史が示しているように、漬け物文化は無病息災の文化である。


 大麦若葉のエキス『青汁』は、玄米菜食が難しい人々への提案に過ぎない。もう一度書いておきたい。放射性ヨウ素を排泄させるのは、ヨウ素の摂取だ。セシウム・ストロンチウムを排泄するのは、カルシウムカリウムだ。

Photo_2


 他にも各種核種がある。いずれもミネラルの同位体である。ミネラル不足は核種に対応能力を欠く。これは間違いがない。セシウム・ストロンチウムばかりが核種ではない。あらゆる核種が存在する。全ては自然界に存在しなかったものだ。


 それに対処するには、健全な自然のミネラルで身体を満たさなければならない。そして、それらは有用菌の不可欠の要素だ。有用菌で体内を満たせば、核種を淘汰する。つまり有用菌が食べて、体内に於いて原子転換をしてくれるのである。


 信ずるも信じないも自由だが、他に方法が有ろうか? これは理屈ではない。判断力の問題だ。だから、強いるものではない。又出来ない話である。


認証コード(8442)

a:8483 t:1 y:3

艱難の時代、
大麦若葉エキス『グリーンマグマ』健康レシピを公開する!!
ご参考に・・・・。


 新装オープンの『つむじ風ねっとショップサイト』に常時、公開しています。


Top_page2


 

 拙ブログ読者諸氏の多数ご愛飲頂いている。是非、お役に立てれば嬉しい。


 


大麦若葉エキス健康レシピ 

夏バテ撃退、すこやかレシピ 

蒸し鶏と野菜のグリーンソース添え 

蒸し鶏と野菜のグリーンソース添え

(材料)4人分

  • 鶏胸肉:1枚
  • ゴーヤ(小):1/2本
  • 南瓜:100g
  • もやし:150g
  • 塩・こしょう・酒:各少量
    (グリーンソース)
  • 大麦若葉エキス(グリーンマグマ):2スティック又は大さじ2杯
  • 木綿豆腐:1/2丁
  • ゴマダレ(市販):1/2カップ
  • 塩:少々

(作り方)

  1. 鶏胸肉はフォークで所々穴を開け、塩・こしょう・酒をすり込み、水1カップを容れた鍋で蒸し茹でにしてから、薄切りにする。
  2. 南瓜は1cm厚さに切り、ゴーヤは半分に切って種を取り薄切りにして、それぞれ油で炒めておく。
  3. もやしは洗って根を取り、鍋に入れて蓋をして蒸し茹でにする。
  4. 木綿豆腐は、熱湯をくぐらせて、水切りにして裏ごし、大麦若葉エキス(グリーンマグマ)とゴマダレ・塩を加えてソースを作る。
  5. 器に1、2、3、を盛りグリーンソースを添える。

グリーンシャーベット 

グリーンシャーベット

(材料)4人分

  • 大麦若葉エキス(グリーンマグマ):2スティック又は大さじ2杯
  • 水:2と1/2カップ
  • グラニュー糖:50g
  • 粉ゼラチン:小さじ1/3
  • レモン汁:大さじ2
  • レモン:少々

(作り方)

  1. 水、グラニュー糖、粉ゼラチン、レモン汁を鍋に入れて火にかけ、沸騰寸前に弱火にし、粉ゼラチンが解けたら火を止め冷まし、大麦若葉エキス(グリーンマグマ)を入れ、混ぜる。
  2. 1をバットに流して冷凍庫で冷やし、固める。
  3. 凍らせる途中2~3回かき混ぜて、口当たりの良いようにする。
  4. 器に入れ、レモンの小切りを飾る。

※出来上がったグリーンシャーベットにお好みで、甘納豆や白玉団子、缶詰のフルーツの小切りなどを加えてアレンジしてみて下さい。

グリーンミルクジャム 

グリーンミルクジャム

(材料)4人分

  • ホットケーキミックス:200g
  • 牛乳:150cc
  • 卵:Mサイズ1個
    (グリーンミルクジャム)
  • 大麦若葉エキス(グリーンマグマ):2スティック又は大さじ2杯
  • コンデンスミルク:1/2カップ

(作り方)

  1. 大麦若葉エキス(グリーンマグマ)は少量の水で溶き、コンデンスミルクに混ぜる。
  2. ホットケーキミックスに牛乳、卵を混ぜ合わせる。
  3. フライパンに油をなじませてからふきとり、2を丸く流し、ブツブツ泡だって表面が乾いてくれば、ひっくり返して両面焼きグリージャムをかける。
    ※お好みでかき氷にかけてグリーンフラッペに。
    またフルーツにかけても美味しくいただけます。

夏野菜のグリーンカレー 

グリーンカレー

(材料)4人分

  • 玉ねぎ:2個
  • 赤パプリカ:1個
  • 黄パプリカ:1個
  • オレンジパプリカ:1個
  • カレー粉:大さじ3
  • にんにく(すりおろす):15g
  • 生姜(すりおろす):15g
  • コリアンダー(粉):小さじ1
  • 野菜ジュース:1カップ
  • 水:2と1/2カップ
  • スープの素:3個
  • 塩:少々
  • 大麦若葉エキス(グリーンマグマ):3スティック又は大さじ3杯
  • ヨーグルト:大さじ3
  • サフランライス:適量

(作り方)

  1. 玉ねぎをみじん切りにする。
  2. パプリカは、1口大の乱切りにする。
  3. フライパンに油を入れ1をよく炒め2もさっと炒める。
  4. カレー粉、にんにく、生姜、コリアンダー、野菜ジュース、水、スープの素を入れて煮込み、塩、大麦若葉エキス(グリーンマグマ)、ヨーグルトを加えて調味する。

糖尿病克服、すこやかレシピ 

大根のグリーン田楽 

大根のグリーン田楽

(材料)4人分

  • 大根:1/2本
  • 昆布:10cm角
  • 水:4カップ
  • 薄口醤油:小さじ1/2
  • 塩:小さじ1/2
  • 人参:少々
  • きざみねぎ:適宜
  • きざみごま:適宜
  • 大麦若葉エキス(グリーンマグマ):1スティック、又は大さじ1杯
    (田楽みそ)
  • 白みそ:150g
  • 砂糖:大さじ1
  • みりん:大さじ1
  • 水:大さじ3

(作り方)

  1. 大根は2cm厚みに切って、皮を厚くむき、面取をしておく。
  2. 水に昆布を入れて、大根を並べ軟らかく煮て、薄口醤油、塩を加えて下味をつける。型抜きした人参もさっと煮る。
  3. 田楽みその材料を鍋に入れて、ブツブツ煮立てば、冷まし、大麦若葉エキス(グリーンマグマ)を加える。
  4. 大根に3をかけ、グリルで焼いて、こげめをつける。人参をあしらい、お好みできざみねぎ、きざみごまをふる。

グリーンポテトサラダ 

グリーンポテトサラダ

(材料)4人分

  • 大麦若葉エキス(グリーンマグマ):2スティック又は大さじ2杯
  • きゅうり:1/2本
  • 人参:小1/2本
  • コーン(缶):30g
  • マヨネーズ(ローカロリー):大さじ3
  • 塩:適宜
  • こしょう:適宜
  • プリーツレタス:適宜
  • プチトマト:適宜
  • レモン:適宜

(作り方)

  1. じゃがいもは茹でて、熱いうちに皮をむき、つぶしておく。
  2. マヨネーズに大麦若葉エキス(グリーンマグマ)を加え、1に混ぜ、塩、こしょうで調味する。
  3. きゅうりは薄切りにし、人参は茹でていちょう切りにする。
  4. 2と3とコーンを混ぜて、器に盛り、プリーツレタス、プチトマトをあしらい、レモンを添える。

オクラとグリーン寒天の酢の物 

オクラとグリーン寒天の酢の物

(材料)4人分

  • 寒天(棒):1/2本
  • 昆布だし:2カップ
  • 塩:少々
  • 大麦若葉エキス(グリーンマグマ):2スティック又は大さじ2杯
  • オクラ:12本
  • えび:適宜
  • はり生姜:適宜
    (酢醤油)
  • 酢:大さじ1と1/2
  • だし汁:大さじ1/2
  • みりん:大さじ1と1/2
  • 薄口醤油:大さじ1と1/2

(作り方)

  1. 寒天は分量外の水に浸けてふやかし、小さくちぎって、昆布だし、塩少々と共に火にかけて煮溶かし、粗熱を取ってから、大麦若葉エキス(グリーンマグマ)を加えてザルでこし、容器に流し、上に浮いた泡を取り、冷やし固める。
  2. オクラは塩を入れた熱湯で茹でて、水に取り、小口切りにする。
  3. えびは背わたを取り、塩茹でにして、殻をむく。
  4. 1を細切りにし、2と3と共に盛り、はり生姜を天盛りにし、酢醤油をかける。

発芽玄米とグリーンのとろろご飯 

発芽玄米のグリーンとろろ御飯

(材料)4人分

  • 発芽玄米:2と1/2カップ
  • 大麦若葉エキス(グリーンマグマ):3スティック又は大さじ3杯
  • 長いも:1本
  • だし醤油:大さじ1と1/2
  • 塩:少々
  • きざみのり:適宜

(作り方)

  1. 発芽玄米をかるくすすぐ。白米を炊くより少し多めの水を入れ、30分程つけ置きしてから炊く。
  2. 長いもは皮をむいてすり下ろし、大麦若葉エキス(グリーンマグマ)を混ぜ、だし醤油、塩を加えて調味する。
  3. 1に2をかけ、きざみのりをあしらう。
    ※圧力釜で炊飯すれば、発芽玄米、玄米もすぐに炊きあげることが可能です。

花粉症予防レシピでおいしく 

グリーンヨーグルト 

グリーンヨーグルト

(材料)1人分

  • プレーンヨーグルト:180g
  • 大麦若葉エキス(グリーンマグマ):1スティック又は大さじ1杯
  • りんご:1/8個
  • いちご:1個
  • キウイフルーツ:1/6個
  • ミント:適宜

(作り方)

  1. 大麦若葉エキス(グリーンマグマ)を大さじ2の水で溶いておく。
  2. リンゴは種を取って薄切りにして、薄い塩水に浸けて水気をふいておく。キウイは皮をむいて薄切り、いちごは小切りにしておく。
  3. 器にプレーンヨーグルトをいれ、1を上に円を描くように流し、竹串等で混ぜてマーブル状にする。
  4. 3に2の果物を彩りよく飾り、ミントの葉をあしらう。

シーフードサラダ(グリーンドレッシング添え)  Edit

シーフードサラダ

(材料)4人分

  • ゆでたこ:足1本
  • えび:4尾
  • きゅうり:1本
  • ブロッコリー:1/2株
  • レタス:1/2株
  • トマト:1個
    (ドレッシング)
  • オリーブオイル:50cc
  • お酢:25cc
  • 塩・こしょう:少々
  • 大麦若葉エキス(グリーンマグマ):2スティック又は大さじ2杯

(作り方)

  1. ドレッシングの材料を混ぜ合わせる。
  2. タコは薄切り、えびは茹でて殻を取り、野菜類は食べやすい大きさに切って混ぜ合わせる。
  3. 2を器に盛りドレッシングをかける。
    ※ドレッシングは食べる直前に合わせ、使い切ることをおすすめします。

グリーンオーレ 

グリーンオーレ

(材料)2人分

(作り方)

  1. 小鍋に大麦若葉エキス(グリーンマグマ)を入れ、牛乳を少しずつ加えながら混ぜる。
  2. 弱火で1をかるく温めてカップに注ぎ、お好みではちみつを加える。

※はちみつの代わりに塩・コショウで調味し、ポテトチップを砕いて浮き身にすると、即席スープの出来上がりです。忙しい時の朝のメニューにいかがですか。

グリーンロールパン 

グリーンロールパン

(材料)約10個分

  • 強力粉:250g
  • 砂糖:25g
  • バター:15g
  • 牛乳:95cc
  • 卵(L):1個
  • ぬるま湯:50~65cc
  • ドライイースト:小さじ2
  • 塩:4g
  • 大麦若葉エキス(グリーンマグマ):10スティック又は大さじ10杯
  • つや出し用溶き卵:適宜

(作り方)

  1. 砂糖・バター・卵・牛乳・ぬるま湯・イーストを混ぜる。
  2. 強力粉に1を加え軽く混ぜ合わせる。
  3. 2に塩を加え、よくこねて第1次発酵をさせる。
  4. 3をガス抜きして形を整え、30分程ねかす。
  5. 再びガス抜きをして、50g位に分割して丸め、10分位ねかせる。
  6. 綿棒で細長い三角に伸ばし、大麦若葉エキス(グリーンマグマ)をふりかけて、底辺から巻いていき、巻き終わりを下にして、天板に間隔を空けて並べ、第2次発酵をさせる。
  7. 溶き卵を塗って、200℃のオーブンで8~13分焼く。


 

グリーンマグマ(麦緑素)特別頒布も延長継続中です!!

限定頒布200個(先着順)延長実施!(1個、2個のお求めはお得です。)

グリーンマグマ(麦緑素)
定価6,300円(税込み)→限定頒布価格4,300円(税込み)

数量

ご購入金額5,000円以上は、送料無料

頒布商品は2個以上のご購入は出来ません。悪しからず!

 通常販売はこちらへ→  ※製品のご案内は、終わりではありませんので、ごゆっくりとご検討下さい

 詳しくは、『つむじ風ねっとショップサイト』へ、お立ち寄り下さい。



認証コード(3538)

a:8483 t:1 y:3

自分で自分を守る放射能対処法!!②

どう考えても、放射能問題は深刻だ!
一部には、パニックプロパガンダと言う向きもあるが・・・・
パニックで済めば、易いものだ!!
そう考えて対処を怠ることは危険である
 


 狙いは、実際的な人口削減攻撃と観て対処するのが賢明だ。人工地震工作を覆い隠すための放射能プロパガンダと見る向きもある。それもあろう。


 しかし、現実に空間放射線量は実際値の方が大きい。それ以上に内部被曝は侮れない。どんなに考えても尋常でない放射線被曝は、健康に害すると考えるのは賢明であろう。

Penguin_cat_01

<自らの足で、立って周りを冷静に眺める!-記事に無関係-ヨッシーさん提供による>


 年間20ミリシーベルトだの250ミリシーベルトだの数値が、寧ろ健康に寄与するとの暴論は、キチガイ沙汰である。


 被曝治療にラジウム温泉療法が良いとの情報もあるが、それはそれで結構である。毒をもって毒を制するとの考え方もあろう。自由だ。しかし、それを一般論とすることは容認できるものではない。


 本来は、放射能は極力存在しないのが、常態だからだ。


 毒をもって毒を制するとは、一つの擬態療法だ。一種の免疫賦活療法かも知れないが、だからといって毒を食らう必要はない。その毒(放射能)が確実にばらまかれ、今も続いている現実を直視するなら、まず、極力避けることが求められよう。

Tumblr_lmb1uspkzo1qi1yrpo1_400

<これも一理ある!>


 そして、免疫賦活だ。


 『乳酸菌』など、微生物活用による放射能除去と免疫賦活は、飯山 一郎さんが大家だ。大いに参考にすべき対処法だ。

Nyusannkin_2

「52_2003.pdf」をダウンロード(乳酸菌の対放射線防護、免疫活性のエビデンス)



 これについては『光合成細菌』で放射能浄化!』に詳しいし、ブログ、BBSなどで詳細に知ることが出来る。是非とも研究されて、実践されたい。


 いずれにしても、常日頃の生活基盤も重要だ。


 誰でも出来る生活基盤では、やはり、食生活だ。玄米食を奨めたいが、これは万人には無理かも知れない。しかし、努力の一つと考え検討すべきだろう。圧力釜を使用すると結構やわらかく炊けて、美味である。


 要するにミネラルを不足させないことが重要だ。その為に2次的策として、『青汁』を推薦している。『青汁』と言えば、『ウ~、不味い』で先入観念があるが、これは違う。


 推薦するのは『青汁』は『青汁』でも、野菜をぶっ込んだ『青汁』はたしかに不味い。それは野菜特有の『灰汁』があるからだ。大麦若葉にはそれがない。それも基本的に『生』である必要がある。『生』でないと、酵素(抗酸化酵素<SOD等>)が死活化するから意味がない。


 野菜でも生食が望ましいが、汚染が悩ましいところだ。


 既にご存じの方は、釈迦に説法かも知れないが、被曝すると放射線による活性酸素やフリーラジカルが生成されると言われている。これがくせ者で、発癌や遺伝子損壊をもたらす。これを黄緑野菜は軽減する。酵素(抗酸化酵素<SOD等>)が豊富だからだ。


 又、ミネラルの補給に、特にカリウム・カルシウム補給には最適だ。ヨウ素は海草類としても、カリウム・カルシウム補給には『青汁』に敵うものはない


 放射性物質は、多くは諸々の鉱物であるから、ミネラルが不足していると、身体がそれを取り込んでしまうおそれがある。放射性ヨウ素に対してヨウ素剤を服用するのはその理屈だ。


 それに免疫賦活は、生命活動の旺盛な働きであると考えられるから、栄養・微量栄養素が不足していると、それが弱まる。大事なことは、それらを補って身体の中から活力を上げておくことが大事だと考えられる。


 いつぞや、『ガンは癌にあらず』で、春ウコンの驚異的な免疫賦活作用について報告したが、これなども重要な対処法になるはずだ。著者にそれとなく訊ねてみた。それとなく応えが返ってきた。非常に参考になる話である。

ガンは癌にはあらず表 ガンは癌にはあらず裏

『ガンは癌にあらず』サイトで全て読むことが出来る!>


【一部引用】

春ウコンは飲んで30分もすると効いてきたことを実感します。ということは、腸で吸収されているのではなく、胃だと思われます。胃で吸収されるア ルコールとおなじようなものではないでしょうか。○▽氏のいう、いわゆる腸管免疫ではなく、胸腺による免疫系の働きを活発にする作用があると思わ れます。

ウイキには、


「胸腺は放射線副腎皮質ホルモンなどに暴露されると萎縮するが特にT細胞を盛んに産出している時期は感受性が高 い。


胸腺中のリンパ球が最も多いのは思春期 (10代前後)でピーク時の胸腺は30~40gに達する。その後は急速に萎縮し脂肪組織に置き換わる。


そのため胸腺は最も老 化の早い器官^[1]と いわれる。逆にいえば胸腺は発達が早く、たとえば、出生直後のマウスで胸腺摘出を行うと、マウスは免疫不全に陥るが、成熟マウスで摘出をしても免 疫系に影響は少ない。これは、成熟した個体では十分なT細胞のプールができ、末梢でもリンパ球が生理的増殖を行うようになるからである^[1] 。」とあります。


放射線の子供に対する影響が大きいこと、放射線でたたかれ劣化す
る胸腺を、春ウコンが支えるのかも知れません。
【引用終了】


 春ウコンは、各自調達されたい。


 『青汁』は、推奨、提供できる。こんな時期、特別頒布を延長した。お試し頂きたいからだ。


グリーンマグマ(麦緑素)特別頒布も延長継続中です!!

限定頒布200個(先着順)延長実施!(1個、2個のお求めはお得です。)

グリーンマグマ(麦緑素)
定価6,300円(税込み)→限定頒布価格4,300円(税込み)

数量

ご購入金額5,000円以上は、送料無料

頒布商品は2個以上のご購入は出来ません。悪しからず!

 通常販売はこちらへ→  ※製品のご案内は、終わりではありませんので、ごゆっくりとご検討下さい


 尚、大麦若葉エキスグリーンマグマは、飲用体験から飲みやすいとのメールを数多く頂いている。下記に一部を転載する。


【一部引用開始】
商品届きました。ありがとうございます。

味は抹茶ですね。それだけ心配してました。
これなら毎日の飲めます。【一部引用終わり】


 いずれにしても、艱難の時、判断力はきわめて重要だ。 出来ることを迅速に、自らの判断に委ねられた責任を考える時に来ている。情報は受け止めるその人の判断力に掛かっている。


 
認証コード(2373)

a:8483 t:1 y:3

大麦若葉(青汁)で老介護・・・・。

2011/05/14 14:12:27

老老介護も終わりを告げ、
一人住まいの老母の寄り添い
最善を模索する日々だが・・・
一人住まいを貫く老母(84才)に
ミックスジュース(大麦若葉の青汁入り)を振る舞った!!



 信念と確信から、『グリーンマグマ』を奨めていたが、なかなか積極的には応じない。そこで、手ずからミックスジュース(大麦若葉の青汁入り)を振る舞った。


 結構、気に入ったみたい。


 ついでにそのレシピをご案内したい。無骨な男手による粗削りな料理(?)だから、ご紹介する程の立派さに欠けるが、お許し頂きたい。。


まず、材料はバナナ1/2、イチゴ4個、リンゴ1/4、牛乳2カップ、
そしてグリーンマグマ大さじ2杯


Img_2176

Gm170


そして、ジューサーを準備する。


Img_2179_2


とにかく、一緒にジューサー投げ込む。

Img_2180


老母に手で抑えてもらってスイッチオン!


Img_2182


コップ3杯と少しになった。


Img_2185


ご賞味あれ!・・・・・・ 『んっ。。』・・・・・  『美味しい!』


Img_2192


 簡単だ。


 一人暮らしの最大の利点は、気安さだ。しかし、ついつい、食事が疎かになる。『食事』というより、『食餌(えさ)』になる。息子でもそれは危惧される。若い時ならそれも良いだろうが、老後の一人暮らしには、ちょっと問題だ。



 あくまでも介護、ヘルパーを求めず、自活している。時折、チェックに帰る。身体が覚束なさも年々と言うより、月々、感ぜられる。寄り添っていると、こちらまでスローモーションピクチャーの動きになってしまう。



 せめて、栄養的に不足がないように『大麦若葉青汁』を奨めていた。しかし、仲々飲まない。人は食習慣を作り上げるのは、その人自身による。他人は働きかけるだけで、強要する事は出来ない。



 無論、春ウコンも手渡し、飲用を推奨している。だが、苦いからあまり好まない。無理強いも出来ない。



 グリーンマグマ(青汁)は、そのままでも緑茶の様で飲みやすいが、青汁という先見が邪魔するだろと思惑で、ミックスジュース(青汁)と言うことになった。これはうまい。普通のミックスジュースよりもさわやかさが加わり、絶品だ。



 『どうだい、美味しいかい?』



 『美味しい!』 これはお世辞ではないだろう。 普通は、シェーカーで簡単に作られる。それもお手本を示して、実家を後にした。

Photo


認証コード(0815)

a:8483 t:1 y:3

船井 幸雄氏の語る、人工地震、放射能防御法!!

船井幸雄氏のブログに書いてあることは、
これまで書いてきたことである!
しかし、
語る人が替わると
『本物』らしい話になるので・・・・・・!


 別にそれで良いのであるが、要は放射能汚染は甚大であり、この災厄を誰の言に依らずとも最大限防御する事が求められている。


 人工地震であれ、政治的隠謀であれ、その理由は放射能は区別しない。無謀且つ御用学者の慰撫(なぐさめ)話など、あてにして健康を犠牲にすることなど賢人の策ではない。


 20ミリシーベルト/yが、健康増進に寄与する等という『戯言』を、決して真に受けてはならない。元来、今般の原子力発電所事変(災害ではない)がなければ、そういう暴論は決して登場していなかったであろう。


 そう言う言辞を弄する学者は、為にする暴論を吐いているのである。故に御用学者であることは、論を待たない。どんな高名な学者であろうと、決して『安全』を保証するものではない。単に『慰撫=いぶ』しているに過ぎない。

Images


 何故か?


 あまりに史上希に見る『災害』だからである。政治上、統治上の問題を孕む事態であるからである。つまり、その収拾策に担ぎ出された『御用』を果たしているにすぎない。声高に叫べば叫ぶほど、その事を実施証明していることになる。


 それを、俄知ったかぶりの一部人間が、『その論、信用性がある。』だの、『あの先生が言うのだから』だの、靡く愚かな向きもあるが、好きにすればいい。物理学的、化学的、生物学的結果を被るだろう。


 何故なら、簡単な理屈だ。


 今の今まで、人間はそう言う環境に生きてきたのではないからである。だから、追求すると、『安全』とは誰も保証しない。詐欺的『安心』を振りまいているだけだ。


 戦争になれば、誰彼一定の人間は戦死する。これは確定的だ。それを兵士に向かって、『弾は簡単に当たるものではない。当たっても即戦死する事はない。』と言って、慰撫しているに過ぎない。アホらしい。


 この簡単な理屈を理解しないものは、戦死する憂き目に遭う。


 戦争では、一定の戦死者が出る。これと同じで、これまで例のない放射能環境下で、一定の放射能障害者、すなわち、被爆者が出ると言うことは、確定的だ。


 これを正面切って言わないのは、全て、御用学者、似非学者、本物の学者ではない。こんな簡単な理屈も理解できないような人間が、少なからず居ることが不思議でならぬ。誰とは言わない。


 そうでないなら、素直に防御を努めるべきではないか? 自分の身を守るのは自分しかない。固有の判断力こそが、身を守る。


【転載開始】

Head_funa_ima

                                                
船井塾の稲生さんの講演で配られた資料

201105007_bsrc_0

「201105007_bsrc_0.jpg」をダウンロード                

 3月11日の東日本大震災は、「シークレット・ガバメントの地震兵器による日本攻撃だ」と考えますと、私の知っている情報(フシギに思ったこと)は、もっとも話しの筋がよく分ります。
 それは『ザ・フナイ』(船井メディア・FAX:03-5769-3200 発刊)の2011年5月号の中の、以下の2人の人の文章

①ベンジャミン・フルフォードさんの「地震兵器で攻撃を受けた日本」と
②伊勢伸之さんの「人為的要因で起こる地震の研究」を読み、
③さらに『ザ・フナイ』の2011年6月号中の飛鳥昭雄さんの「緊急報道 東日本沖で“地震兵器炸裂”」
④そしてリチャード・コシミズさんの4月20日刊の新著『3.11同時多発人工地震テロ』

『黒い絆 ロスチャイルドと原発マフィア』(鬼塚英昭著 2011年5月刊)


 を読むと、ほぼ納得できます。
 ともに、「そんなバカなことが?」と言いたいことなのですが、地震兵器が1970年代に米ソ両国によって開発され、それらがすでに何回も使用されたらしいと思われますので、その可能性を100%否定することはできません。
 私がフシギに思ったのは、(A)震災前後から外資系の日本株買いが急に増え出したこと、それも先物に顕著なこと、(B)4月15日ごろよりMg5以上の地震が急に減るというか、ほとんどなくなったこと(その情報は、このホームページの4月18日の私の発信文に 書きました)、(C)東電株が海外ヘッジファンドに大量に購入されていること、(D)まだ少人数だが、日本の一部の政治家が愛国心を持ち出し、変り出した ことなどです。(E)もちろん、私の知っている外国人の有識者は、福島第一原発事故をほとんど気にしていません。これもびっくりするフシギなことです。
 私は、これらのことと、副島隆彦さんの福島第一原発近くでの現地報告のブログなどを読んで、浜岡原発がストップしたこともあり、福島第一原発の放射能については、余り心配していませんでした。
 ところが、5月の船井塾で、気になることを聞きました。5月の船井塾の特別講師は「聖書の暗号」のイオン・アルゲインさん(稲生雅之さん)だったのですが、塾生からの希望もあり、アルゲインさんと親しいカミンチュさん夫妻も、ともに招きました。
 カミンチュさんは、沖縄の人で、ふつうの人が見えないものが見えたり、聞こえないことが聞こえる能力を持った人ということで、みるからにお人柄のよい金銭欲など全くないお人のように思いました。
 このカミンチュさんは、3.11震災のことも、福島原発事故も、以前からイメージ上ではっきり見ており、特に心配なので福島第一原発の現場近くまで3月11日までに数回も足を運び、何ごともおこらないようにと祈りに行った……とのことでした。
 そのカミンチュさんは、いま、放射能被曝のことを、しきりに気にしているもようで、私どもに以下のような彼の見たイメージ(?)をまとめた注意する点を書いた資料をくれました(右資料)。

                        

        

森美智代さんからの資料の一部

201105007_bsrc_1

「201105007_bsrc_1.jpg」をダウンロード

     
 イオン・アルゲインさんも、「カミンチュさんのこの資料は大事なので、船井先生、ぜひ、多くの人に知らせてください」とのことでした。
 これ以上の詳しいことは、アルゲインさんにおききください。彼はよりはっきり何かを知っているようでした。
 なお、カミンチュさんは、将来、日本人が「放射線を無害化する技術を実用化する」イメージを見ているとのことです。
 これは、私の友人であった故・小牧久時さんが、何年も前に「生体内元素転換」を発見し、ノーベル賞候補になった時にすでに予告していたことでもあります。故・神坂新太郎さんも錬金術に成功しました。が、その技術を伝えず亡くなりました。ともに元素の人為的転換技術です。
 ともかく子供さんたちは未来を背負う大事な存在。いまはみんなで充分に放射性物質について注意をするのが必要だと思います。もちろん以下に書きます森美智代さんの資料のように、放射性物質から守る多くの手法もありそうです(以下ほか、左の森さんからの資料参照)。

食生活について
●玄米、味噌汁の粗食が放射能にも原爆症の予防に

 長崎の原子爆弾から1.8kmの診療所で食事指導に玄米食やみそ汁を進めて、90人ぐらいの人がその場所で生活をして放射線障害を発症しなかった。『死の同心円一長崎被曝医師の記録』長崎文献社[単行本]秋月辰一郎著
原爆(放射能)に勝った玄米と味噌汁

  長崎の原爆投下直後から、献身的に被災者の救護・治療に活躍された、聖フランシスコ病院の浦上第1病院の秋月辰一郎医師は「昭和20年8月9日の原子爆弾 は長崎市内を大半灰燼にし、爆心地より1.8kmの私の病院は、死の灰の中に廃墟として残った。私と私の病院の仲間は焼け出された患者を治療しながら働き 続けた。私達の病院は長崎市内の味噌・醤油の倉庫にもなっていた。玄米と味噌は豊富であった。さらに、わかめもたくさん保存していたのである。その時私と 一緒に、患者の救助、付近の人々の治療に当たった従業員に、いわゆる原爆症が出なかった原因の一つは、「わかめの味噌汁と玄米」であったと、私は確信して いる。」と著書『体質と食物』(クリエー出版)に書かれている。
 「わかめの味噌汁と玄米」で自分の結核を克服したと信じている秋月医師はスタッ フ全員に「わかめの味噌汁と玄米食」を勧めていた。また砂糖(甘いもの)は避けるように指示した。そのお陰で、医師、看護師らは獅子奮迅の働きで多くの命 を救い、原爆症を発症したスタッフは一人もいなかったという、味噌(大豆)のタンパク質やビタミン・ミネラル(ヨードやカルシウムなど)・繊維・玄米のビ タミン・ミネラル・ファイトケミカル(フィチン酸・フェルラ酸など)等々の総合力によって放射能の害を抑えたとしか考えられない。

 広島 の原爆では、9歳で被爆した少女が玄米食で奇跡的に回復し、その後結婚されて7人もの子宝に恵まれた。佐和子さんは外で遊んでいるときにピカドンの爆風で 飛ばされ、屋根から転がり落ちて我に返った。足の裏まで焼けた全身やけど(髪の毛も眉毛も黒こげ)の中、必死の思いで母親を見つけ出した。全身に水をかけ られ病院に運ばれ即入院。奇跡的に一命を取りとめたものの、ケロイド(やけどの傷跡)は切っても切っても盛り上がり、夏場はその傷口からウジが湧いて、そ のウジを取って暮らすのが辛かったという。高校生になるまで、母親は佐和子さんに鏡は一切使わせなかった。こんな醜い顔では結婚もできない。原爆症で白血 球も肝機能も低下し、生きる支えはただーつ、勉強して研究者になり、原爆・放射能の研究をしようと思いたった。
 彼女は猛勉強をして広島大学工学 部に入学、放射能の研究一筋の生活に入った。そして玄米食をしていた平賀先生と巡り合う。先生は暇さえあれば佐和子さんを山へ連れ出し、山菜や薬草を取り に行き、「玄米を食べて治らない病気はない。身体の浄化作用をするのは玄米の働きだから、玄米を食べれば原爆症だって治る」と言って玄米食を勧めた。その 言葉を信じて玄米食を姶めた佐和子さんの身体に、数か月で変化が起きた。あの焼けただれたケロイドの皮膚がポロポロと剥がれ落ちてきたのだ。髪の毛も眉毛 も元通りに戻った。そして平賀先生と結婚。なんと7人の子どもを生み育てたのだ。これも命ある玄米や野菜・海藻の総合力以外の何物でもない。
 最 後に秋月医師の著書より、「日本人は米・麦が主食で、副食として何が一番優れているかを考察すべきである。米・麦飯には、やはり何といっても、油揚げ、わ かめの味噌汁が傑作である。」食生活は種々の食物の総合力であることは明らかだ。普段から野菜・海藻多めの日本食で主食は玄米に努めることは勿論だが、原 発の事故により放射能が放出されている非常事態の今こそ、玄米・大豆(味噌など)・野菜・海藻の総合力によって多くの人々が何としても自らの生命と健康を 守っていただきたいと思う。

●青汁を飲む
 放射線を浴びると、二酸化炭素がたくさん体の中にできるので、抗酸化物質をたくさん摂取するとよい。
●放射能を排泄するサプリメント、スピレン、EM菌を飲む。
●放射線を削減できる浄水器

  放射性物質は、非常に粒子が細かく、例えばセシウムは0.0006ミクロン程度なので現在売られている普通の浄水器では除去できません。ハーレーやシーガ ルフォーなどの有名なその他の高級品でも百万分の1ミリ単位の微粒子には対処できず、これを除去できるのは「逆浸透膜(Reverse Osmosis Membrane)」を備えた特殊な常識だけです。この種の浄水器メーカーは(ワッツ社)が米国科学財団(NSF)の飲料水処理システム試験場に委託して 行った濾過テストの結果を見るとセシウム、ストロンチウムなどが99%除去されています。逆浸透膜は水の分子以外の不純物をほとんどすべて除去しますので これで濾過した水は「純粋」つまり完全に純粋な水になり、ウイルス、細菌、農薬、トリハロメタン、ダイオキシン、水銀、鉛、カドミウム、等から、放射性物 質(ヨウ素、セシウム、プルトニウム、ストロンチウム等)に至るまで有害な物質は全て除去されますので、飲料水としての安全性は理想的なものとなります。
 この「純粋」は硬度が10以下の軟水なので市販のミネラルウォーターでは国産品(六甲の水など)に近い味で外国産(硬水)よりあっさりしており、乳児の粉ミルク用、お茶、炊飯なとに適しているとされています。
  逆浸透式の浄水器は、国内では、ニューメディカル社の「クリスタルヴァレー」(26万2500円)とゼオライト社の「あじさいの泉」(38万円)などがあ り、後者は業務用の大型品(高さ125cm)です。海外では米国にエイペック、ワッツ、ピュアプロ社他周社の製品が20種類以上あり、5段ろ過式標準品の 日本における価格は9~15万円となっています。これには付属の蛇口と排水パイプの取り付けが必要ですが、規制の蛇口に接続するポータブル型の製品もあ り、これは据え置きタイプの半額程度で購入できます。

●汚染除去――植物の力が最も有望視されている。
 ファイト レメディエーションは植物が根から水分や養分を吸収する性質を利用した、土壌、水質の浄化技術。土壌の除去の方法で、有望なのはバイオレメディエーショ ン、微生物、菌類、植物などを使って有害物質で汚染された自然環境を浄化する技術です。ヒマワリや菜の花が知られるようになりましたが、それ以外に大麻 (もっとも日本では育ててはいけない植物です)も。また、マイナス電気を帯びた粘着物質を出す光合成細菌を使う方法も実験されています。細菌は管理が難し いかもしれませんね。ヒマワリや菜の花は動き回らないし、誰でも目で確認できるものなので、放射能を帯びた細菌が拡散しても困りますね(転載ここまで)。


 どう考えましても、世界の雛形であり、もっとも先端を行っているのがいまの日本のようですから、すべてのことにできるだけ注意をし、上手に適応できるようにしようではありませんか。
                            =以上=【転載終了】

認証コード(7063)

a:8483 t:1 y:3

大麦若葉の中にある 「 カルボキシレース 」-農薬を消滅させる酵素-

2011/03/10 18:19:36

面白い動画が公開されている!!
あくまでも、参考資料である。
大麦若葉の『青汁』を飲用したからと言って、
体内の残留農薬が消滅するという意味ではない!!



 確かに、酵素の働きは絶大である。イン‐ビトロ【in vitro】(=試験管内での実験)であって、体内<in vivo(イン・ビボ)>での動画ではない。


世界を変える100人の日本人 柴本崇行教授.flv
http://www.youtube.com/watch?v=QFGdYoMsjQk&feature=channel_video_title



 自然は、緩慢であるようだが、人智を越えた働きがある。人間はその真似事に着手し始めたに過ぎないのだろう。広島に原爆が落ちた。数十年は草木も生えないだろうと観測されていた。しかし、直後の洪水(枕崎台風)は、甚大な被害をもたらしたが、広島を浄化したのかも知れない。当然、長崎も同じだ。


 そして、長蛇の復興を遂げた。


 どんなことがあっても、悲嘆に暮れる必要はない。可能性は無尽にあるのだと思われる。要は、その自然の前に粛然として学ぶ必要がある。


 『ガンは癌にあらず』をテーマに記事を上梓したが、これも同じである。『青汁』もそれに連関している。これほど癌が世の中の関心を抱く病に上げられるのは、寿命の伸びもさることながら、自然を蔑ろにした生活習慣に起因するかも知れない。


 事に、躁鬱病の伸展は目を見張る。これは太陽を嫌い、夜勤・篭もりがちの生活習慣に由来するとの知見がある。もちろん、薬の弊害は大きいだろう。向精神薬の増大は、皮肉なことに件の病を比例級数的に増大させている。


 目覚める必要がある。


 春ウコンで、劇的に末期癌が回復基調になったとの報告がある。嬉しい限りだ。その内に詳細報告出来るかも知れない。


 私見であるが、鬱は、毎日、風呂に入り、太陽の下に散歩を励行し、栄養バランスを気をつけ、騙されたと思って、春ウコンでも摂取すれば、必ず治る。一種の『免疫不全症候群』だからである。


 極論すれば、全ての病は『免疫不全症候群』だ。免疫賦活で容易に治る。しかし、これは言論であって、素人考えだから、判断は強要しない。


 先ずは、人間は健康である必要がある。生きる期間は誰でも制限があるから、その間、健康でなければ、面白くない。健康とは病気でない状態ではない。病気は健康になるための調整期間と観ることが出来る。だから、誰でも風邪ぐらいはひく。


 風邪をひき、体調を調整させられる。ひょっとして、癌もその類であろう。悲観する必要はない。自然は不足を訴えているのだ。さしあたり、『免疫不全』だ。原因は様々であろうから、素人では特定できない。特定は出来ないが、改善策は見つけられない訳ではない。


 そこで、春ウコンを情報を提供し)、入浴法を提供し酵素、ミネラル、その他の有用微量栄養素摂取を提供している訳である。その事についての詳細情報は、各自お調べ頂くと諒解できる話である。


 医者ではないので、それ以上の事を言うと、いろいろと差し障りが生じる。あくまで言説である。単純極まりない話で、健康は自ら打ち立てる必要があるし、その能力がある。人間以外の生き物は、それを本能的に知っており、対応している。


 カモシカは、必要とあれば、岩肌をなめミネラル補給をする。土を食べるサルも同じだ。だから、投稿者は、玄米を食し、菜食を旨とし、風呂好きで気分を一新する。青汁は不足を補う為だ。春ウコンは、最近知って始めた。それ以上の必要は、あまりないと思っている。


 酒も嗜むし、タバコ? これは言わないでおこう。世論がうるさい。しかし、タバコで癌などなるものか! と考えている一人だ。しかし、何でも『程』の一字が大切なことは言うまでもあるまい。飲み過ぎ、食い過ぎは必ず『病』の元だ。当たり前の話だ。


 過ぎたるは、バランス調整を必要とする。それが病だ。結構な話ではないか。病とは、物理的な『気づき』であろう。


 

 

【転載開始】柴本崇行 世界を変える100人の日本人

柴本 崇行 ( しばもと たかゆき ) さんは、カリフォルニア大学デービス校の
環境毒性学部の教授で、世界中の農薬を調べている農薬研究の権威だそうです。


研究テーマの一つに残留農薬の分解があり、自然界にあるものでその農薬を分解するものを発見したそうです。それは、大麦若葉の中にある 「 カルボキシレース 」 という酵素だそうです。まだまだ、この様に自然界にあるもので、 解毒するものがあると感じているそうです。


昨年、中国での残留農薬問題がクローズアップされたばかりですから、この点でも
注目を集めていると思います。また、アスパラガスも解毒するらしい。


今、コーヒーに多く含まれるクロロゲン酸という成分にも目を付けていて、
抗酸化作用を持ち、ガンの抑制があるらしい。こちらは前から言われていましたね。


柴本先生の私生活も紹介されていました。
大学内にセスナの飛行場があり、飛行場付きのレストランに食事に行く時に、
セスナで行くそうです。セスナが車と一緒の役割を果たしている、さすがにアメリカですね。


家庭では、最初のアメリカ人の奥さんと離婚して、現在では、18歳も年下の日本人の奥さんが居るそうです。先生は、こちらの分野でも、自然界から調達する術を
身につけているようですね。【転載終了】


認証コード(1410)

a:8483 t:1 y:3

制癌剤は、延命効果がない?! 衝撃の記事!

2010/12/31 14:25:43

これも予告編である!!
来年は、制癌剤に対する欺瞞と
真の癌治療に対する情報を掲載したい!!


ガンは癌にあらず』に

Photo

《 ところが, 1989年, 筆者Aが末期の直腸癌を疑わざるを得ない自覚症状となった. 症状は急に進み, 2ヶ月後の激痛と大量下血は末期癌と思われたので, 手術も難しい事態と考えた. 制癌剤を調べた経験からは頼るべき制癌剤もなさそうで, 絶望的な気持で治療方法を調べていた. この時に, 知人が春ウコンの情報をもって相談に来た. 「春ウコンが癌に効くらしいと聞いたが, 制癌剤の開発経験者から見てどのように思うか」, というのである. この知人の母親は, 末期肝臓癌のため大学病院に入院中であった. この情報に多少の可能性を感じて, すぐに2人で春ウコンの摂取を始めた.》

とある。


 制癌剤は、見るべき『免疫賦活』作用はない。という驚くべき結論である。これは多く知られていない。ところが、それ以上に延命効果も疑わしいというのである。と言うより、そのデータに改竄が疑われるとなると聞き捨てにならない。


 そう言う記事が、文藝春秋に載った。その一部だけ掲載する。


「bungei.pdf」をダウンロード

Kouganzai1_2


 これは、由々しき話だ。しかし、想像された話でもある。ほとんど、謀略の範疇だ。有り体に言えば、製薬会社と医療業が、結託して患者を単に食い物にしているだけの話ではないか?! 悪く云うと、人体実験でもある。


 癌が何故増えるか? それは来年のテーマであるが、結論から言うと、その発生メカニズムに大いなる誤謬があるからである。あるいは真相の隠蔽がある。そうでなければ、この問題の解決策は生まれないであろう。


 癌は感染症である。およそ、全ての病気は何らかの原因による感染だと喝破すれば、その解決策が見いだせるだろう。そして、それは効果的な『免疫賦活』が得られると、容易に完治するという事実を敷衍(ふえん=広める)されなければならないだろう。



認証コード(6918)

a:8483 t:1 y:3

カリウム、カルシウムを補給するなら、麦緑素(大麦若葉の青汁)!!

2011/04/11 22:32:05

さて、便乗するつもりは毛頭ないが、
セシウム、
ストロンチウム
カリウム、カルシウムが十分だと排出される?! 
放射性ヨウ素はヨウ素が有効だ・・・・と言われる?!


 このことは何を意味するか、賢明な読者に了解するはずだ。以前、『内部被曝を防ぐために、ヨウ素、カリウム、カルシウムを・・・。』で書いたが、飯山さんも同様のことを仰っている。


【転載開始】2011/04/06(水) セシウムは,カルシウムの代わり.

利尻とろろ昆布

群馬県から遥か鹿児島の志布志まで避難してきた家族がいる.
「6才と4才の男の子の体内被曝だけは絶対に避けたかった!」
という.賢明である.当然の避難行動(サバイバル)である.
二人の男の子に,トロロ昆布や,ちりめんジャコ(小魚)をだした.
すると,ガツガツとむさぼるように食べるのだ.驚異的な食欲だ.
育ちざかり.子供達は,毎日,筋肉,臓器,血管,骨…,全身が
伸び,育ち,大きくなる.とくにカルシウムは,絶対必須元素だ.
いま,関東平野の大気中に舞っているセシウムやストロンチウム
は,必須元素のカルシウムに化学的に似た性質を持つため,骨
や筋肉に取り込まれ,長期間にわたって残留する.
だから,育ちざかりの乳幼児・子供は,絶対に!内部被曝を避け
なければならないのだ.
それを,政府とマスコミは「心配ない!」を連呼し,多くの子供たち
の避難機会を奪った.まさしく!亡国の犯罪行為である.【転載終了】

 もう一つ、これも一つの情報だ。又、ただでさえ、野菜類が風評で入荷が少なく、値が高い。不足しがちなミネラル・ビタミン・酵素が補える。しかも・・・・・



グリーンマグマ(麦緑素)とカリウム


Photo

グリーンマグマ(麦緑素)とカルシウム

Photo_2

ついでにグリーンマグマ(麦緑素)とマグネシウム

Photo_3

<食品分析センターによる>


こういう時期でもあるので、通常頒布でご利用枠を拡大!!



 特別頒布から、通常頒布も平行実施します。 特別頒布は個数切れ次第、終了します。


Photo_4

とにかく、

自分の身は自分で守るしかない!!


認証コード(2860)

a:8483 t:1 y:3

マグマ温泉末情報

『中温反復入浴法』について!!

2011/01/24 15:43:36

日本人が比較的健康で、長命な事は、
理由がある!!
その一つは、やっぱり、お風呂が好きなことだと想う・・・。


 食事もあるだろう。食事は、車に例えれば、エネルギー(ガソリン)の補給であるとも考えられるが、根本的に違うものが在る。ガソリンは車に変化しないのである。しかし、食物は体に変化して、身体のあらゆるものに変わる。

95b8896b


 血液は3ヶ月で入れ替わり、身体の殆どは2~3年かけて、入れ替わってしまうものだと云われている。言わば、人間は食物のお化けと言っても良いくらいである。その過程にさまざまな生命活動が関与しているわけだが、その詳細は譲るとして、日々、スクラップ&ビルドが為されていることは想像に難くない。


 食こそ命であって、癌は面白いことに、品物を山程取りすぎることによって、病になるとその字義には示されている。どうしてその様になるかということは、諸説あるが、正常なスクラップ&ビルドが狂うからだとも考えられる。

Dsc00039m


 正常なスクラップ&ビルドこそ、『免疫賦活』作用と言えなくもない。勿論、細かなことは専門家でないので言及しないが、その正常な機能を賦活することは、先ずもって重要となる。それは、第一に食べ過ぎ、偏食を改め、正しい食物の取り方が重要になろうが、あまり、この事は医者は言及しない。(何れ、書きたい。)


 第二には、日常の手入れが重要だ。車も走り放しでは、汚れ、ガタも来る。時に、適切なメンテナンスが必要になる。それと同じで、身体も洗浄し、清潔を保ち、さらに賦活させるには、最も手軽で日常的なものはお風呂だろう。


 幸い、日本人は風呂好きだ。誰でも風呂にはいると、身体はもとより気分まではリフレッシュする。鬱に最も効果的なものはお風呂だ、と看破した人がいるが、頷ける。風呂と日光浴と散歩、これを日常的にすれば、鬱は改善するという。そう言うこともあろうと納得する。

_2


 風呂による健康法は、古くからある。西式の健康浴等はその典型だ。温浴と冷水浴を交互に入る方法だが、これは投稿者も愛用している。元来、風呂好きであるから、長風呂である。当然、長風呂すると誰でものぼせる。しかし、これをすれば全くのぼせはなく、寧ろ、心身がシャキッとする。


 サウナなども、好きな人は必ず冷水に入ることを旨としている。それをしないでサウナに長時間入ることは難しい。サウナにはいると、体中から老廃物が抜けていく感じがして、病みつきになるのはその所為だ。勿論、湯上がりのビールの味が格別なのも理由であるが・・・・・。


 しかし、誰でも万人向きに健康的な温浴法とは云えないだろう。好きな者はよいが、冷水なんて、ちょっと、勇気を要するからだ。そんな向きは、中温反復入浴法がある。熱いお湯好みの方は、少々、物足りないだろうが、必ずしもお湯の温度と効果には因果関係はないようだ。寧ろ、熱い温度は、シャキッとする分、交感神経を刺激するから、寝る前の温浴には相応しい方法とは云えない。


 

【転載開始】中温反復入浴法

 

家庭のお風呂で、だれでもかんたんにできる健康入浴法です。
お湯の温度は39度。温度と時間をしっかりまもりましょう。

step2Step1 かかり湯 10〜20杯
からだの汚れを落とし湯に慣らすために、足、腰、おなか、と心臓から遠い順にお湯をかけます。
step2
Step2 プレ入浴 5分
まずウォーミングアップ。この5分間で、よごれで詰まった汗口や毛穴が開かれます。
step3
Step3 休けい 5分
いったん、あがります。湯から出ることによって静水圧が解かれ、血液が抹消までいきわたります。シャンプーはここで。
step4
Step4 メイン入浴 8分
4〜5分すると、汗がゆっくり出はじめます。角質が潤い、汗とともに老廃物も出やすくなります。
step5
Step5 休けい 5分
活性化を促すために再びお湯からあがります。からだを洗う人は1〜2分たったところで洗いましょう。
step6
Step6 フォロー入浴 5〜8分
通常はメイン入浴までで充分ですが、冷え性の人、太っている人は、もうひと押し。男性は5分をめどに。
step7
Step7 休けい 20分
浴室から出ての休けいタイム。吸水性のよいものを纏い、枕は高めに。必ず水分を補給しましょう。

【注】この「中温反復入浴法」は、日本温泉保養研究所が開発し、一般への普及をすすめているものです。出典(「白井朝子著『中温反復入浴法』ソニー・マガジンズ刊」または「http://www.onpo.org/ 」)【転載終了】


 理にかなった入浴法であろう。しかし、仲々、5分以上湯船に浸かるなどと云うことは、意識してやらないと出来ない。ましてや、高温浴では無理である。蛙の行水では、確かに洗浄効果は充分だろうが、健康浴とは言えまい。


 自宅の浴室でやれば、全く、費用はかからない。時間だけを惜しまず、実行してみられることを、切にお奨めする。ダイエット効果も結構あるらしい。


 そこで、温泉末の宣伝であるが、色もなく、匂いもないので、物足りないという向きは確かにある。その逆に、類例のないピュアな温浴剤でもある。大事なのは、温浴の中に何が溶出しているかと云うことが重要なのである。温泉は数あるが、質が重要であろう。


【資料引用】 マグマ温泉末のメーカー資料より

完全に湯に溶け活性化

湯に溶かすと、陽イオン、陰イオンともに10種類以上が検出され、含芒硝食塩泉の成分構成を示します。元の海地獄温泉は酸性ですが、噴霧乾燥することによって中性になり、現地よりも肌にやわらかい湯となります。現在市販されている「温泉の素」としては、最も理想的といえるでしょう。

含芒硝食塩泉の効能どおり、よく温まり、肌がスベスベになります。特に中年以降の肌の衰えを感じる人や、お年寄りの乾燥肌、ひびあかぎれ等でつらい人は、中温反復浴 とあわせると効果的です。

スプーン1杯で充分な効果

元の温泉の濃さと同等にするには家庭の浴槽に半缶ほど必要ですが、通常の入浴では添付のスプーン1杯でお湯はやわらかくなり、充分あたたまることができます。3杯ほど入れると、含芒硝食塩泉系単純温泉(例えば箱根湯本の温泉100%の湯)なみになります。

1缶で約21回分。毎日使って、湯治のワンクールと同じ3週間入れます。【資料引用終了】



認証コード(3026)

a:8483 t:1 y:3

日本中、凍った!! 温暖化? らしい???

2011/01/17 13:20:35

自宅で温泉浴が味わえる・・あまり知られていない!!
今回はちょっと宣伝を・・・・。
折しも、寒波で日本中震え上がった!!


 恒例の介護帰郷。一面、白銀の世界となった。国道?号も白一色。日中も氷点下のままだ。


Img_1676

Img_1683


 去年、父は他界し、老母一人住まい。寒さは老人の心まで寒くする。別にどこが悪いというわけではないが、目眩がするという。こう言う時は、少々、介護を必要とする。


 心の介護だ。2~3日一人帰って、添うに限る。何をするわけでもない。食事作りと雑談だ。


 こちらも仕事を抱えて、実家を事務所代わりと決め込んで、連絡なしで突然の帰郷である。小型ノートと携帯端末だけは持参した。幸いにも直ぐ近くの丘に、ドコモ中継所が出来たから、通信情況は格段に向上した。それまでは、田舎のことだから、携帯電話も繋がりにくく往生していた場所である。


 山間部だから、寒い。コタツと電気ストーブが頼りだ。大人数であれば、人いきれも加わり部屋は直ぐに暖まるが、そうもいかない。ましてや、一人では余計寒々としている。


 しかし、何でもコツがある。一気に暖めるには、食事作りである。今でこそプロパンガスだが、一昔は薪、カマド、囲炉裏だったが、記憶では囲炉裏が一番暖かい想いがある。コタツは下半身は温かいが、背中が寒い。とにかく、煮物を始めると、直ぐに部屋中暖かくなった。


 朝は、先に起き、お茶を沸かし、みそ汁を作り、それでも足りないので、意味もなくお湯を沸騰させる。直ぐに窓のガラスには湯気のために、氷が張り付き、しかし、部屋は瞬く間に暖まる。昔は、囲炉裏に茶釜、土瓶がいつも湯気を立てていた。きっと、それで心地よい暖かさが記憶に残っているのだろう。


 大いに茶化し、大笑いをして実家を後にした。又、遠からず意味もなく、不意打ち帰郷を目論んでいる。実家を後にして、帰宅途上、600年続くと言われるひなびた温泉を経由したことは云うまでもない。520円の贅沢だ。温泉は良い。



【広告宣伝】本物の温泉を自宅へ

マグマ温泉末

 温泉が自宅にあれば、こんな良いことはありません。しかし、多くはそれは叶いません。

海地獄

 そこで、浴用剤と言うことになりますが、これがあんまり得心がいかない。大変良い工夫を凝らした浴用剤ですが、温泉ではない。これはほとんどの浴用剤です。

マグマ温泉末、海地獄

 浴用剤は、温熱効果や皮膚の保湿効果や、又、アロマ効果を演出する優れものですが、温泉とは少し違います。

 ところが、温泉水のエキスををそのまま特許技術で冷風乾燥した『温泉末』という、温泉そのものの浴用剤が、あるのです。いわゆる、『湯の花』とは違います。温泉の中で結晶したものを『湯の花』と言います。

マグマ温泉末

 温泉末は、温泉に含まれる成分をそのまま、ほとんど全部含んでいます。お湯の中にそれを溶かすと、元の温泉のお湯にごくごく近づきます。『湯の花』結晶成分であるイオウ等の主成分であるのと大きく異なるのです。

マグマ温泉末 用法用量

 それが『温泉末』です。

 日本で唯一のものだと思われます。世界でも他にないと思われます。それが特許による製法だからです。その特許も期限が過ぎていますが、それは関係ありません。

 そして、あまりにも地味なために余り知られていませんが、長年に亘り愛されてきました。それは本物だからです。

 色も匂いもありません。お湯も無色透明です。デキストリンで閉じこめていますので、少ししっとりとはしますが、言われなければ、浴用剤使用を気づくことは希です。

 しかし、驚くことに保温効果は抜群です。本物の温泉のようです。一番驚くことは、擦り傷等、ひっかき傷でも良いのですが、お湯がしみる事が、ほとんどありません。これは体験に基づいて、そう言うのですから、試してみればお分かりになります。

マグマ温泉末

 結構、傷にお湯は浸みて痛みを発します。その昔、戦いに疲れた戦国武士が傷の癒しに温泉湯治に委ねた意味がよく分かります。多分、浸透圧の関係だと考えられますが、アトピーに苦しむ方には快適なお風呂に一助となるはずです。

 色も匂いもないのは、なんか頼りないと感じられる方もおられるでしょう。しかし、本物の温泉には色も匂いもありません。あっても、イオウか酸化鉄の色です。さもなくば、様々な物質の色であって、本来、温泉の効能効果とは直接に関係しません。

マグマ温泉末

 温泉で大事なのは、イオン化した様々な物質であって、色・匂いはべつです。最近の若い人は、無色透明の温泉が好まれます。匂いは好まれません。

 そう言う意味では、案外、温泉の真髄を突いている認識かも知れません。ご自宅のお風呂に使用する場合は、イオウや不純物質を含みませんので、浴槽や風呂釜を傷める心配はありません。

イオウ

 その意味では、大変、安心です。

 『薬用浴剤』と銘打っているのは、薬用成分である医薬部外品である乾燥硫酸ナトリウムが添加されているからです。ですから、効能効果が謳われています。そして、用法用量が定められています。

効能効果

 この商品は、管理者が永年付き合いのある日本薬品開発(株)の製品です。もう、かれこれ20年以上も愛用しています。あんまり売れていないのと、本物の商品と確信していますので、ご案内することに致しました。

 もう一つ、あります。

 温熱は、もっとも手軽な『免疫賦活』作用です。これは間違いありません。寒い季節、基礎体温の低い現代世代の格好の対策です。

 特に癌を側面から予防する事に、温浴は有効だと云われています。体温の上昇は『免疫賦活』作用を高めるからです。『ガンは癌にあらず』でも、併用することを推奨されています。

ガンは癌にあらず

 『温泉末』は別府温泉の地獄の中でも最も広大であり、群を抜いている海地獄から、お湯を採集して噴霧乾燥して生成されたものです。

海地獄

 もちろん、海地獄のマリンブルーではありませんが、正真正銘の海地獄エキスです。


認証コード(5658)

a:8483 t:1 y:3

その他関連情報

制癌剤は、延命効果がない?! 衝撃の記事!

2010/12/31 14:25:43

これも予告編である!!
来年は、制癌剤に対する欺瞞と
真の癌治療に対する情報を掲載したい!!


ガンは癌にあらず』に

Photo

《 ところが, 1989年, 筆者Aが末期の直腸癌を疑わざるを得ない自覚症状となった. 症状は急に進み, 2ヶ月後の激痛と大量下血は末期癌と思われたので, 手術も難しい事態と考えた. 制癌剤を調べた経験からは頼るべき制癌剤もなさそうで, 絶望的な気持で治療方法を調べていた. この時に, 知人が春ウコンの情報をもって相談に来た. 「春ウコンが癌に効くらしいと聞いたが, 制癌剤の開発経験者から見てどのように思うか」, というのである. この知人の母親は, 末期肝臓癌のため大学病院に入院中であった. この情報に多少の可能性を感じて, すぐに2人で春ウコンの摂取を始めた.》

とある。


 制癌剤は、見るべき『免疫賦活』作用はない。という驚くべき結論である。これは多く知られていない。ところが、それ以上に延命効果も疑わしいというのである。と言うより、そのデータに改竄が疑われるとなると聞き捨てにならない。


 そう言う記事が、文藝春秋に載った。その一部だけ掲載する。


「bungei.pdf」をダウンロード

Kouganzai1_2


 これは、由々しき話だ。しかし、想像された話でもある。ほとんど、謀略の範疇だ。有り体に言えば、製薬会社と医療業が、結託して患者を単に食い物にしているだけの話ではないか?! 悪く云うと、人体実験でもある。


 癌が何故増えるか? それは来年のテーマであるが、結論から言うと、その発生メカニズムに大いなる誤謬があるからである。あるいは真相の隠蔽がある。そうでなければ、この問題の解決策は生まれないであろう。


 癌は感染症である。およそ、全ての病気は何らかの原因による感染だと喝破すれば、その解決策が見いだせるだろう。そして、それは効果的な『免疫賦活』が得られると、容易に完治するという事実を敷衍(ふえん=広める)されなければならないだろう。



認証コード(0220)

a:8483 t:1 y:3

春ウコンを探して、街に出た!!

2010/12/26 15:55:32

あった!!春ウコンがあった!!
日曜市のとある一角、
無農薬栽培の春ウコンに出合った......。
気さくなおばちゃん、そして、その息子さん(?)
写真にまで快く応じてくれた!


 ある情報に基づいて、散策した。目指すは春ウコン。住所の特定はしないが、地方都市の何処にでもよくある日曜市である。

Img_1428

師走だ! 門松も売っている。

Img_1436_2

目指す付近にさしかかった。

Img_1437

っん!  あった。

Img_1439

オンパレード。

Img_1440

Img_1445

自然農法のようだ。

Img_1442

講釈もしっかりしている。

Img_1451

快く、写真にも応じて下さった。ブログに載せると云うと、OK!

Img_1447_2Img_1446_3

途中、壺焼き芋をパチリ。

一つ買ったが、写真を写してくれたと云うことで、安くしてくれた。?? 気持ちが良い。

Img_1477_2

今日は寒いから、よく売れている。

Img_1479

オモシロイ野菜。ターサイと言うらしい。当然買った。何が当然かは、別にない。

Img_1482

ここにも、あった。

Img_1483

雑踏を後にする。

Img_1484

途中、オモシロイのでパチリ。

『アナタ!! 私を、借りなさいよ! どうせ3,500円のオカマよ! 』と書いてある。

Img_1485

買ってきた物を、パチリ。

包んでくれた新聞紙は、アカハタというところが、オモシロイ。

Img_1489

ついでに、秋ウコン、紫ウコンも買ってきた。

Img_1490


 


認証コード(1369)

a:8483 t:1 y:3

癌の治療、それは春ウコンの免疫賦活作用か?!

2010/12/12 16:23:49

『ガンは癌にあらず』は一瞬にして、売り切れた!!
再販を努力したが、もうない模様だ.....。
申し訳ない、しかし、情報は決して途絶えない!


 情報に接するためには、つむじ風ねっとのメニューから入ることが出来る。本ブログの左肩のガンは癌にあらずでも可能だ。本元は『ガンは癌にあらず --春ウコン免疫賦活剤が制する成人病--』だ。情報は、情(なさけ)に報(むくい)るために存在する。公益のものだ。 

Photo


 どんなことがあっても、遮断されることはない。だから、安心して求めてほしい。求めるものは救われる。かのイエスも云ったではないか。


 コメントやメールで、深刻な相談を受けるが、投稿者は医者ではない。だから、応えに窮することが多い。間違いを伝えるわけにはいかないので、励ますしかないのである。だから、是非とも自己責任で、情報を収集し、賢明な判断に委ねるしかない。


 投稿者には確信があるが、他人には指導も、強いることも出来ない。責任を負う立場にはないからである。是非、求めてほしい。願ってほしい。そして、助かってほしい、と念ずるだけだ。

S_image003


 確かに、癌は治る。全てに原因があり、原因が除去されるか、合った対応が施されるならば、結果が出る。これは一つの法則であると云えよう。法則は諸法無我であるから、信ずる必要はない。『ガンは癌にあらず』の情報を素直に行すること事だけで足りる。


 勿論、信ずることが悪いわけではない。信ずるとは、人の言葉を信ずることだ。そう字には書いてある。プラシーボ効果は、おそらく、信じて起こる免疫賦活作用と考えられる。だから、悪いはずがない。

S_image005


 さて、本の再販であるが、努力はしてみたが、すでにないとのことだ。聞くところに依れば、2000部発行されたが、それぞれの関連機関に配布されて居るという。僅か2日間で200部のご注文が有ったので、需要は高いと想われるが、致し方ない。


 しかし、電話で注文なされば、手にはいるかも知れない。下記に記しておこう。


 (株)タイムス住宅新聞社 沖縄県うるま市州崎7-14
             TEL 098-934-1122
             FAX 098-934-6677


 電話なり、faxなりで掛け合うのも求める努力だ。『求めよ! さすれば、与えられるであろう。』だ。


 本ブログで書くのは、言論の自由、表現の自由の範囲内で投稿者の考えを述べるに止まる。従って、あくまでも参考にして、慎重に検討し、時には医療機関とも相談をし、最善を選んで頂くことをお奨めしたい。そして、本をよく読み、あるいは情報を収集し、決断して頂くことを切に望む。

S_s_s_s_s_s_s_s_s_s_s_s_image001


 病気は多種多様だ。人も様々だ。最適療法は慎重に選択する必要がある。そして、何事でもそうであるが、用法用量、最適量(オプティマム)が重要だと言うことだ。関連情報を下記に転載する。


【転載開始】

前略←元から読む

2)最適量(オプティマム)と免疫賦活の仕組・・・用法用量の重要性

 ① オプティマムの存在
 春ウコンの摂取量と活性効果との間には最適量(オプティマム)がある. 糖尿病(1.3.(1))の例にあるように, 「3g/日で効果があり, 15g/日では全く効果がなくなり疾患が少しずつ悪化し, 5g/日に戻して卓効が再び出た」という結果となった. 摂取量が多くなった場合は, 特段の毒性や副作用もなく, 単に効かなくなるだけのようである.

画像の説明

図10  投薬と効果の関係 (単一成分系と多成分多サイト系の比較)

 ② 免疫賦活のメカニズム
 生理活性にオプティマムがあるということは, [春ウコンには免疫系を活性化するのに必要な複数の必須成分が入っている. これが免疫系の何種類かの受容体(サイト)にバランスよく入ったときに免疫系は大きく活性化する. 春ウコンの過剰摂取で活性が低下することは, 免疫系細胞の複数種類ある受容体(サイト)に, 大過剰にある複数の必須成分のうち, 反応性の強い成分が競争反応で独占的に受容体に入るので不活性となる]と予想できる. この結果から,  1.7(1)で考えた多くの事項は消えることになった.   

画像の説明
  図11 「春ウコン多成分と免疫系多種受容体の競争反応」のイメージ図

 すなわち, 摂取量が少ないうちは成分量に比例してサイトと反応して, 活性成分が有効に使われ, 免疫賦活をしている. サイトに対して過剰量を摂取すると, 平衡反応で有利な成分, あるいは, 反応速度の大きな成分がサイトの大部分を占めることになり, 免疫賦活に必須な複数成分が十分にサイトを占めることができなくなり, その結果として活性が下がってくるのだろう.

 筆者Aはかつて免疫賦活剤(β-1,3-D-グルカン系)の開発段階の臨床試験で春ウコンと同様のオプティマム現象を経験したことがある. この符合は, [免疫賦活が多成分系で起こっていることを示唆している]と考えている.

 体内の重要な信号は, 単一物質では発信されないようにできている. ひとつの物質で簡単に強い信号が発信されると, 身体は制御し難くなることも起こるので, これを避けるような仕組みができているのだろう. 味覚についても類似した生理現象があるので, この節の5)に示した. これらの仕組みは, 免疫賦活物質の探索などでは重要な留意点となる.→続けて読む【転載終了】

 


認証コード(4225)

a:8483 t:1 y:3

春ウコンを守れ! 3000年守ってきた沖縄に感謝!!

2010/11/26 22:56:00

守るべきはこのことである!!
驚くことに、春ウコンは沖縄にしかないらしい!!
秋ウコンではない
紫ウコンでもない
沖縄の産業基盤になることを切に祈る
! 第3弾 




 しかし、これだけでは危険である。はたして、どれだけ多くの民間伝承医療が廃れてきたか? 調べれば、すぐに分かること事である。

P2040020



 アフリカのシャーマン(酋長)は殆ど、根絶やしにされたと聞く。残された最後のシャーマンはクレド・ムトウと聞く。インディアンはもういない。南アメリカも同様だろう。

Credo


 この現実を誰も語らない。


 しかし、事実は事実である。このままでは春ウコンは危険である。今は、まだ誰も知らないが、知られてくると嗅ぎつける者が現れる。これを強く書いておきたい。


 そうでなければ、拡散の必要はない。そうでなければ、急がない。一番良いのはその種を一人ずつ庭に植えることだ。そっと植えて守り育てよ。

Images

Photo_5


 産業には沖縄にもっと感謝を以て、育てることを支援する必要がある。どうせアメリカは撤退する。そんなことは誰の目にも分かる。別に、政治的発想で言うのではない。歴史的必然で言うのである。


 中国が沖縄を占領する? 戯言はいい加減にするべきだ。戦争は全て、画策して起こった。今も、その画策が盛んだが、画策するのは利権があるからである。利権がなくて誰が画策するか。戦争は戦争で食う人間が画策するのである。


 沖縄が軍事基地で繁栄するというウソはもう終わりにする時が来ている。終わりになるだろう。春ウコンで健康と治療の基地にする方が、よっぽど繁栄する。戦争は破壊である。どんなに美化しようとも、破壊である。破壊して、利権があるのは極一部の人間だ。多くは塗炭の苦しみに会う。そんなことは、子どもでも分かる理屈だ。


 大人は、策を弄し、理屈を並べ立て、利得に迷って言い訳を作る。ウソである。壮大なウソである。しかし、それももうじき終わる。ウソが暴かれるからだ。


 癌は、年々増えている。医療が進んだと言いながら、増えている。医薬が溢れても増えている。金をあらん限りつぎ込んでも増えている。タバコが激減しても肺ガンが増える!


 何故だ? ウソだからである。


 こんな簡単な事実が、何故解らないのか。不思議としか言いようがない。


 ウソに洗脳されているからである。ウソで固めて、春ウコンが奪われるのを食い止めなければならない。


 少しだけ、本から引用する。


【転載開始】 ガンは癌にあらず --春ウコン免疫賦活剤が制する成人病 から

3.5 沖縄が世界的な主産地
 薬効からみて, 太古は春ウコンが主流であったと考えられる. しかし, いつの時点からかは不明であるが, 春ウコンは秋ウコンにとって代わられた. この理由を考えてみると, いくつかあげることができる. その一つは, 春ウコンは生育が比較的容易な沖縄で栽培されているが, (秋)ウコンに比べてやや手間がかかると言われている.

 (秋)ウコンはそのまま植えておいても多年草のように増えるが, 春ウコンの方は, いったん掘り起こし植え替える必要があるとのことである.

 その他, 食味の違いも大きい. 春ウコンは極めて苦みが強い. 人によっては「この苦みが好き」, 「とくに問題ない」という人もいる一方で, 中には勧めても「どうしても飲めない」という人もいる. さらに, 春ウコンに比べて秋ウコンが多用途に利用できる点も大きい. 食品だけでなく, 黄色の染料として現在も利用されているように, 色が鮮やかで落ちにくく防虫効果もある染料としても優れた性質がある. また, ヨーロッパではパエーリャに入れるサフランの代替品としても珍重されたようである. もちろん(秋)ウコンが一定の薬効があることは広く認められている.

 これらを総合して考えると, どこかで春ウコンに代わって秋ウコンが主流を占めるようになったと思われる. 前述のようにカレーを常食とするスリランカ, バングタデシュなどで春ウコンを探したが, 全く知られていなかった. このことからも, かなり以前から春ウコンは省みられなくなっていたと思われる.

 わが国は, 江戸時代では生薬として珍重された春ウコンも, 明治以降は全くすたれてしまった. これは西洋医学の発展と軌を一にしていると思われる. 漢方医学は全くといっていいほどかえりみられなくなったからである.

 とはいえ, 効用は確かであり, 栽培地・沖縄では, 民間薬としてほそぼそながら伝えられてきた. このことが現在, 私たちが春ウコンの恩恵に与かることができる最大の理由であり, 伝えつづけて頂いた沖縄の人たちに深く感謝せずにはいられない. そして, 今後, 沖縄が健康のシンボルとして世界中から脚光を浴びるに違いないし, また, そうしなければならないと思う.【転載終了】


 

 さて、

ガンは癌にあらず ←ここに全ての解答がある。

ガンは癌にはあらず表 ガンは癌にはあらず裏

個数

価格5,250円(内税250円) 送料350円全国一律

著者の略歴

松井 良業 (まつい よしなり)

 現在:国立大学法人山形大学 客員教授

 1942年(昭和17年)生まれ 東京大学工学部工業化学科卒業
 1965年 味の素(株)入社 中央研究所(研究員) 本社(開発企画室部長,
      医薬開発室部長, 化成事業部長など)
 1993年 富士レビオ(株) 取締役(医薬事業本部長など)
 2000年 化学関係学協会連合協議会
 2004~05年 国立大学法人山形大学 理事 副学長

 

粕渕 辰昭 (かすぶち たつあき)

 現在:国立大学法人山形大学 客員教授・名誉教授

 1944年(昭和19年)生まれ 岐阜大学農学部農芸化学科卒業
 1966年 農林省農業技術研究所(現・農業環境技術研究所) 研究員
 1986年 農林水産省北海道農業試験場 水田土壌管理研究室 室長
 1992年 山形大学農学部 助教授  
 1995~2009年 教授 (2003~05年)農学部長


は、思いの外、ご賛同賜った。そして、
ガンは癌にあらず --春ウコン免疫賦活剤が制する成人病 サイトにも大勢の方々が、足跡を残されたと聞く。5000アクセスを超えたと言うことだ。喜ばしい。良いことは早く世に知らしめなければならない。


 本も後残すところ、わずかとなった。投稿者が取り敢えず、協賛して拡散する部数は限られている。ひとまずは、区切りとしたい。あと残りは約70冊近くになった。これが終われば、打ち止めとする。簡易在庫を設定したから、注文出来なくなった時点で終わる。

P151



 著者に直接申し込まれるのがよろしかろうと思う。

 ご注文を戴いた方々には、心から御礼申し上げる。この場を借りて、来週中には配本を開始し、お手元に届き終える様、最善を尽くす予定である。暫く、お待ち頂きたい。心を開いて読まれると、投稿者が感じたように、目からウロコが落ちる。

 決断された方々に、敬意を表する。


 しかし、情報の発信は、これからも投稿者の自由意思で行う。だれも止められない。信念に従って行う。本を手にした方は、投稿者も含めて幸いだ。これで安心立命が垣間見えた。安心立命とは、死を避けることではない。寿命を異議ある大安心の下に、生き抜くことである。


 人間は、最後には死ぬ。それが癌かも知れない。人間は死ぬ時は免疫が完全に絶たれるであろう。春ウコンでもさすがに無理かも知れない。当たり前だ。与えられた生命(いのち)を、ウソで殺されないようにすることが出来れば、本望だ。


 そういうことで、この本を推奨した。それだけの話だ。判断し、行動するのは読者諸氏の自由意思に委ねられる。投稿者の意見も一つに過ぎない。その事をお忘れにならないようにして頂ければ幸いだ。


 まだまだ、隠された真実がある。忙しい!!


認証コード(6462)

a:8483 t:1 y:3

ガンの原因はウイロイド?! 真菌ではない?!

2010/11/25 22:54:00

ガン=ウイロイド=感染症!!
あ~あ、言ってしまった・・・・・
これで、命が危うくなった?!(笑)
そう考える故に、拡散を求める!! 第2弾


 ウイロイドって、何だ?? 実は、投稿者も知らなかった。端的に言えば、核酸だ。デオキシリボ核酸(DNA)と、リボ核酸(RNA)だ。

Theme_2_05


 生命ではないが、生命様の態様を発揮する。既に、植物病原体としては認知されている。動物にも近いうちに認知されるだろう。が、電子顕微鏡ですら、見ることは出来ない。単なる塩基配列の有機物体でしかないからだ。


 しかし、自己増殖作用がある。細胞に食い入って、その中でコピーする能力がある。だって、核酸だからである。


 ちょっと、敷衍(ふえん=広めること)しよう。

 

VIROIDS

 

Plant Diseases Caused by Viroids

 

To date, at least 40 plant diseases have been shown to be caused by viroids. The most important viroid plant diseases are cadang-cadang disease of coconut, potatospindle tuber, citrus exocortis, avocado sunblotch (Figs. 14-68A and 14-68B), chrysanthemum stunt (Fig. 14-68C), and apple scar skin (Figs. 14-68D and 14-68E). As the detection, separation, and identification techniques have improved greatly, many more viroids have been detected and studied. So far, no animal or human disease has been shown to be caused by a viroid. It is likely, however, that viroids will be soon implicated as the causes of several "unexplained" diseases in animals and humans and in more plants.<以下、略>


ウイロイド

ウイロイドによる植物の病気

これまで、
ウイロイドによって引き起こされるように、少なくとも40回の植物病害が示されいる。 最も重要なウイルス様体植物病害は、ココナッツのカダンカダン病病と、ポテトスピンドル塊茎と、柑橘類exocortisと、アボカドsunblotch(図14-68Aと14-68B)と、キク妙技(図14-68C)と、りんご傷跡皮膚(図14-68Dと14-68E)だ。 検出、分離、および同定法が大いに向上したとき、ずっと多くのウイロイドが、検出されて、研究された。 今までのところ、植物がウイロイドによって引き起こされるように、動物も人間のかかる病気としては見つかっていない。 しかしながら、ウイロイドは遠からず、動物と人間と、多くの状況で、「説明されなかった」病気の原因として注目されるだろう。<以下、略>


 ここで注目すべきは、『人間乃至動物の病原体として、ウイロイドが注目されるだろう』とあるのは、既に、見つかっていることを意味している。隠されているのである。


 だから、ガンはウイロイドを病原体とする、感染症であると宣言することは、命が危うくなることを意味している。こう考えて間違いない。


 ガンは、感染症であるが故に、免疫賦活(ふかつ)で簡単に治る。これは誰でも考える事が出来る。投稿者のように、医学にド素人であってもそう思うのであるから、碩学の士にそれが分からないことがあろうか?!


 それが、『ガンは癌にあらず』を読んで、直ぐに解った。


ガンは癌にあらず ←ここに全ての解答がある。

ガンは癌にはあらず表 ガンは癌にはあらず裏

個数

価格5,250円(内税250円) 送料350円全国一律

著者の略歴

松井 良業 (まつい よしなり)

 現在:国立大学法人山形大学 客員教授

 1942年(昭和17年)生まれ 東京大学工学部工業化学科卒業
 1965年 味の素(株)入社 中央研究所(研究員) 本社(開発企画室部長,
      医薬開発室部長, 化成事業部長など)
 1993年 富士レビオ(株) 取締役(医薬事業本部長など)
 2000年 化学関係学協会連合協議会
 2004~05年 国立大学法人山形大学 理事 副学長

 

粕渕 辰昭 (かすぶち たつあき)

 現在:国立大学法人山形大学 客員教授・名誉教授

 1944年(昭和19年)生まれ 岐阜大学農学部農芸化学科卒業
 1966年 農林省農業技術研究所(現・農業環境技術研究所) 研究員
 1986年 農林水産省北海道農業試験場 水田土壌管理研究室 室長
 1992年 山形大学農学部 助教授  
 1995~2009年 教授 (2003~05年)農学部長



 ガンは感染症である。だから、ほぼ、数ヶ月で蔓延する。見つかった時は、殆ど末期癌であることが多い。歴然たる癌は、間違いなく、末期癌である。しかし、
免疫賦活(ふかつ)で治癒するのも数ヶ月である。


 これは驚くことではないか?!


 『癌は真菌による感染症である』という知見も、知見である。しかし、今では結果であると考えるようになった。


 まずは、この事を拡散したい。そして、少々高いがガンは癌にあらずを読んでほしい。想像であるが、この書籍は、一般の書店に出ることはないであろう。アマゾンでも難しい。その事を望むが、一斉に姿を消すことになる恐れがある。


 その理由を読んで考えてほしい。それが拡散の目的である。急遽、お願いして取扱を可能にして頂いた。目的は火を消さない事、今にも必要に迫られる方が居るはずであろうからである。


 その意味では、5000円は安い。高いが安い。必要に迫られている方にとっては、50万円でも高くはないであろう。ガンは必ず、治るのである。末期癌でも3ヶ月で治る。それだけではない。しかし、多くを語るまい。読めば分かることだからである。


 しかし、本を売ることが主目的ではない。情報を拡散することがもっと重要だ。5000円を節約したい方なら、『ガンは癌にあらず --春ウコン免疫賦活剤が制する成人病 』がWebサイトとして、立ち上がっている。そこには情報の全てがある。


 喜ばしいことには、拙稿ウェブサイトを自分で作る に触発されて、公開された言うことだ。そんなことはどうでも良いことだが、その内容に驚いた。そして、緊急拡散の必要性を痛感した。


 まだ日が浅い。本も出版されて、3ヶ月と経たない。Webサイトは1ヶ月に満たない。先んずれば、敵を圧倒する。この本、Webサイトは、内容故に見えない敵がすぐに現れる。確信した。だから、拡散する。そして、すぐに確認して拡散してほしい。


 勿論、拙ブログを通じて、拡散に次ぐ拡散だ。決心した。


 情報は全て格納した。従って、決して失われることはないであろう。しかし、いち早く拡散が是非とも必要だ。それには理由がある。まだ、守るべき大切なものがある。それについては次回以降書こうと思う。 


認証コード(3716)

a:8483 t:1 y:3

ガンは治る! 末期癌でも治る! 免疫賦活で速やかに治る!

2010/11/24 22:19:20

これは本当のようだ.......。
信ずる必要はない、
ただ、納得すれば実践すれば良いだけの話だ!!
そのプロローグ!
-転載フリー、リンクフリー、拡散大歓迎!-


 風のたよりに聞いた。そして、見つけた。
 やっぱり、ガンは普通の病気と変わりはなかった。
 感染症なのだ!!

Photo


 かつて、『ガンは真菌であり、治療可能だ!』 という転載記事を載せた
 かの有名なツウィリ・シモンティーナ博士についての記事であった


 彼は迫害を受けている


 それはそうだと直観したからだ
 世界には癌が簡単に治ってしまうことに
 異議を差し挟む勢力がいる


 確かにいる


 だって、こんな稼ぎ頭は他にないのだ
 医者もそう
 製薬会社はもっとそうだろう
 医療機器メーカーは尚、そうに違いない


 しかし、そればかりではない


 何と、ガンは天井知らずに増え続けている
 特に先進諸国ではそうだ
 そして、
 国民医療費を圧迫し続けている


 まさか


 これは謀略では・・・・?
 こう考えるのは異常だろうか?


 エイズがその良い例である
 エイズは、別名、後天性免疫不全症候群(acquired immunodeficiency syndrome)という
 何もしなければ、最終的に真菌症、あるいはカリニ肺炎、ガンで死亡する
 極めて死亡率が高い感染症だ


 それはエイズウィルスにより感染する言われている


 それは
 生物兵器として作られた
 と言われている


 何のために?

 人口縮減のためだ!
 資源を無駄にする口減らしのためだ
 と言われている


 本当かどうかは
 今は深く追求はしない


 しかし、
 ガンが治ると都合が悪い
 人々が居る


 確かにいる!
 医業に携わる、何も深く識らない人々ではない
 日夜、研究に精出し、医薬開発に没頭している人々ではない


 それらを商いにしている人々の一部
 それも大商いしている一握りの人々
 そして、
 あろう事か、人口縮減を大まじめに考えている人々が
 確かに存在する


 そして、


 ガンが治ると言うことは
 口が裂けても言わないのだ


 治ったら、大商いがフイになるからだろう?!
 それだけではない
 口減らしがフイになると言う
 信じられない現実が確かに存在する


 しかし、治る!!
 ガンばかりではない
 ガンは癌でも、末期癌でも同じだ
 ガンの人為的な誘因エイズでも同じである


 そればかりではない
 あらゆる病について言えることだ


 成人病、今では生活習慣病
 難病、奇病、神経病・・・・・・。


 何でも同じだ


 あらゆる病気は、感染症だった
 感染症故に
 免疫賦活(ふかつ)で、簡単に治る


 そんな研究結果がある
 そんな治験がある
 臨床治験とは呼べないだろう
 そんなことはどうでも良い


 モニターで結構だ
 それでも治る
 治験でなくても知見を読み解く人は幸いだ


 ガンは治る
 生活習慣病もアレルギーも関係ない
 免疫異常だって、
 免疫不全だって関係ない


 そんな信じられない様な事が
 起こっているのだ


 信じられないのは仕方がない
 ガンは治らない
 殆ど洗脳されている
 余命は洗脳だ


 生還は奇跡だ
 そう思っている
 そう思わされてきた


 そう思わされてきたと言っても良い
 それが変わるのだから
 無理もない


 それはご自由だ
 無理強いはしない
 無理強いなど出来るはずがない


 しかし、
 事実を見つめてほしい


 そんな『奇想天外』な
 お話がこれから始まる


 追い追いに全貌を書いていくつもりだ
 それが、
 『ガンは治る! 末期癌でも治る! 免疫賦活で速やかに治る!』 の
 プロローグだ


 信じる必要はない
 必要があれば、事実を観てほしい
 それが目的だ

 何回続くか分からない
 とにかく、拡散し続ける
 その意味が分かるまで続けるつもりだ

 今は、全貌を明らかにしない
 タグは『癌の治療』だ
 言論の自由の範囲で大胆に書く


認証コード(6769)

a:8483 t:1 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional