放射能フリー野菜

何故、今放射能フリー野菜が必要か?

これを見て下さい。

 私たちは考えます。選択権は消費者の自由に委ねられる必要があります。
 東北の野菜が決してダメだと考えている訳ではありません。勿論、福島産もそれと同じく大切な生産品だとが考えます。素晴らしい安全野菜も多くあると信じています。

 しかし、放射能を心配する消費者が多くいることも、又事実です。特に子供には、自分自身で選ぶことが出来ません。又、そうした方々の選択肢に 放射能フリー野菜 をご案内することとしました。
放射能フリー

 先ずは火の国熊本産です。

阿蘇山 なす
 放射能37Bq/kg以上は、決して出荷しません。これはベラルーシ児童基準です。現在、出荷分は全て、ND(未検出)です。

放射能検知

 単に熊本のみならず、基準に叶う放射能フリー野菜を開発し提供して参ります。福島でも、宮城でも、北海道でも、そして、高知でもその輪を広げていきたいと考えています。風評に依らない実質的放射能フリーの安心出来る野菜を求めているのです

 政府の飲食物摂取制限に関する指標(暫定基準)野菜500Bq/kgは、あまりに無謀と考えます。しかし、それを良しとする方に、無理にお奨めしません。一つの選択肢と考えて下さい。

 今、深刻なことに日本中の農産物が危機に瀕しています。それは大なり小なり日本全国の土地は、これまで自然界に存在しないセシウム137をはじめ人工核種が存在する状況となりました。

 それを早急に改善される必要がありますが、緊急避難として、消費者には選択肢が必要と考えます。その必要な方は、どうぞ、安心してご利用下さい。

オーガニック野菜・安心野菜は常に必要です。

有機農業研究会

 放射能は、現在の現実問題ですが、野菜は常に必需品です。健康は野菜によって培われる、と言っても過言ではありません。『玄米と少しの野菜を食べ・・・』というのは、万古不易と考えます。玄米までは、仲々、難しい面もあるでしょう。

 ミネラル・ビタミン・酵素、これらは新鮮な野菜から摂取することが出来ます。そのお役に立てればと、考えてます。

安心出来る産地直送・生産者の顔が見えることに努めて参ります。

 産地はその価値の認める消費者を求めています。生産者の願いは、その価値を生み出すべく日夜研鑽をしています。それを繋げることが、私たちの願いです。

農家1 農家

 私たちと書きましたが、これは一人で達成出来ると考えていません。広く、参画される方々を求めます。情報こそ、それを実現する方策であり力です。この度は、熊本の有志の協力によって実現しました。

 この事は、新たな協力者を広く求める意思を含めています。その事が可能なシステムを構築して参ります。生産者・紹介者を求めます。そして、参画可能な機会を提供して参りたいと考えています。どうぞ、お気軽にお問い合わせ下さい。

 緩やかに連帯して、良いもの、必要なものが誰でも提供出来、入手出来るシステムを構築したいと考えています。先ずは、放射能フリー野菜をテーマにテイクオフ(離陸)致したいと考えています。

放射能フリー野菜の種類

お得なセット

季節の野菜

オーガニック野菜

オーガニックプロデュース

野菜ショッピング

a:46128 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM