ようこそ、このページはつむじ風ねっとショップサイトです。グリーンマグマ、フルボ酸、バジャンねっとショップサイトです。

マグマ温泉末

マグマ温泉末

本物の温泉を自宅へ

マグマ温泉末

日本人が比較的健康で、長命な事は、
理由がある!!
その一つは、やっぱり、お風呂が好きなことだと想う・・・。

 

 

 食事もあるだろう。食事は、車に例えれば、エネルギー(ガソリン)の補給であるとも考えられるが、根本的に違うものが在る。ガソリンは車に変化しないのである。しかし、食物は体に変化して、身体のあらゆるものに変わる。

95b8896b

 

 

 血液は3ヶ月で入れ替わり、身体の殆どは2~3年かけて、入れ替わってしまうものだと云われている。言わば、人間は食物のお化けと言っても良いくらいである。その過程にさまざまな生命活動が関与しているわけだが、その詳細は譲るとして、日々、スクラップ&ビルドが為されていることは想像に難くない。

 

 

 食こそ命であって、癌は面白いことに、品物を山程取りすぎることによって、病になるとその字義には示されている。どうしてその様になるかということは、諸説あるが、正常なスクラップ&ビルドが狂うからだとも考えられる。

Dsc00039m

 

 

 正常なスクラップ&ビルドこそ、『免疫賦活』作用と言えなくもない。勿論、細かなことは専門家でないので言及しないが、その正常な機能を賦活することは、先ずもって重要となる。それは、第一に食べ過ぎ、偏食を改め、正しい食物の取り方が重要になろうが、あまり、この事は医者は言及しない。(何れ、書きたい。)

 

 

 第二には、日常の手入れが重要だ。車も走り放しでは、汚れ、ガタも来る。時に、適切なメンテナンスが必要になる。それと同じで、身体も洗浄し、清潔を保ち、さらに賦活させるには、最も手軽で日常的なものはお風呂だろう。

 

 

 幸い、日本人は風呂好きだ。誰でも風呂にはいると、身体はもとより気分まではリフレッシュする。鬱に最も効果的なものはお風呂だ、と看破した人がいるが、頷ける。風呂と日光浴と散歩、これを日常的にすれば、鬱は改善するという。そう言うこともあろうと納得する。

_2

 

 

 風呂による健康法は、古くからある。西式の健康浴等はその典型だ。温浴と冷水浴を交互に入る方法だが、これは投稿者も愛用している。元来、風呂好きであるから、長風呂である。当然、長風呂すると誰でものぼせる。しかし、これをすれば全くのぼせはなく、寧ろ、心身がシャキッとする。

 

 

 サウナなども、好きな人は必ず冷水に入ることを旨としている。それをしないでサウナに長時間入ることは難しい。サウナにはいると、体中から老廃物が抜けていく感じがして、病みつきになるのはその所為だ。勿論、湯上がりのビールの味が格別なのも理由であるが・・・・・。

 

 

 しかし、誰でも万人向きに健康的な温浴法とは云えないだろう。好きな者はよいが、冷水なんて、ちょっと、勇気を要するからだ。そんな向きは、中温反復入浴法がある。熱いお湯好みの方は、少々、物足りないだろうが、必ずしもお湯の温度と効果には因果関係はないようだ。寧ろ、熱い温度は、シャキッとする分、交感神経を刺激するから、寝る前の温浴には相応しい方法とは云えない。

 

 

 

【転載開始】中温反復入浴法

 

家庭のお風呂で、だれでもかんたんにできる健康入浴法です。
お湯の温度は39度。温度と時間をしっかりまもりましょう。

step2Step1 かかり湯 10~20杯
からだの汚れを落とし湯に慣らすために、足、腰、おなか、と心臓から遠い順にお湯をかけます。
step2
Step2 プレ入浴 5分
まずウォーミングアップ。この5分間で、よごれで詰まった汗口や毛穴が開かれます。
step3
Step3 休けい 5分
いったん、あがります。湯から出ることによって静水圧が解かれ、血液が抹消までいきわたります。シャンプーはここで。
step4
Step4 メイン入浴 8分
4~5分すると、汗がゆっくり出はじめます。角質が潤い、汗とともに老廃物も出やすくなります。
step5
Step5 休けい 5分
活性化を促すために再びお湯からあがります。からだを洗う人は1~2分たったところで洗いましょう。
step6
Step6 フォロー入浴 5~8分
通常はメイン入浴までで充分ですが、冷え性の人、太っている人は、もうひと押し。男性は5分をめどに。
step7
Step7 休けい 20分
浴室から出ての休けいタイム。吸水性のよいものを纏い、枕は高めに。必ず水分を補給しましょう。

【注】この「中温反復入浴法」は、日本温泉保養研究所が開発し、一般への普及をすすめているものです。出典(「白井朝子著『中温反復入浴法』ソニー・マガジンズ刊」または「http://www.onpo.org/ 」)【転載終了】


 

 理にかなった入浴法であろう。しかし、仲々、5分以上湯船に浸かるなどと云うことは、意識してやらないと出来ない。ましてや、高温浴では無理である。蛙の行水では、確かに洗浄効果は充分だろうが、健康浴とは言えまい。

 

 自宅の浴室でやれば、全く、費用はかからない。時間だけを惜しまず、実行してみられることを、切にお奨めする。ダイエット効果も結構あるらしい。

 

 そこで、温泉末の宣伝であるが、色もなく、匂いもないので、物足りないという向きは確かにある。その逆に、類例のないピュアな温浴剤でもある。大事なのは、温浴の中に何が溶出しているかと云うことが重要なのである。温泉は数あるが、質が重要であろう。

 

【資料引用】 マグマ温泉末のメーカー資料より

完全に湯に溶け活性化

湯に溶かすと、陽イオン、陰イオンともに10種類以上が検出され、含芒硝食塩泉の成分構成を示します。元の海地獄温泉は酸性ですが、噴霧乾燥することによって中性になり、現地よりも肌にやわらかい湯となります。現在市販されている「温泉の素」としては、最も理想的といえるでしょう。

含芒硝食塩泉の効能どおり、よく温まり、肌がスベスベになります。特に中年以降の肌の衰えを感じる人や、お年寄りの乾燥肌、ひびあかぎれ等でつらい人は、中温反復浴 とあわせると効果的です。

スプーン1杯で充分な効果

元の温泉の濃さと同等にするには家庭の浴槽に半缶ほど必要ですが、通常の入浴では添付のスプーン1杯でお湯はやわらかくなり、充分あたたまることができます。3杯ほど入れると、含芒硝食塩泉系単純温泉(例えば箱根湯本の温泉100%の湯)なみになります。

1缶で約21回分。毎日使って、湯治のワンクールと同じ3週間入れます。【資料引用終了】

温泉末の販売でお求めいただけます。

 
a:6566 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional