ようこそ、このページはつむじ風ねっとショップサイトです。グリーンマグマ、フルボ酸、バジャンねっとショップサイトです。

フルボ酸とは?

フルボ酸とは?

フルボ酸は地球の宝物

sample

フルボ酸(フルボさん, フルビック酸, fulvic acid)とは、植物などが微生物により分解される最終生成物である腐植物質のうち、酸によって沈殿しない無定形高分子有機酸。土壌や天然水中に広く分布しています。

フルボ酸は、微生物により分解され堆積した土壌中の腐植物質中のフミン酸に微量含まれ、通常は0.02%と言われています。
土壌からの抽出では、アルカリまたは弱酸のアルカリ塩でフミン酸(腐植酸)と共に抽出後、酸を加えてフミン酸を沈殿させて分離させます。精製の困難さのため、フミン酸に比べて研究は少ないと言われています。

化学成分

fulvicacid

フルボ酸のE4/E6比(400nmにおける吸光度と600nmにおける吸光度の比)はフミン酸より高いです。

市販されている「フルボ酸」を謳うサプリメント類の多くは、フルボ酸を含有するだけの粗生成物であり、多糖、フェノール性物質、たん白質などの非腐植物質を多く含有すると推定されます。

画像の説明

自然界では多くの金属とキレート(吸着)を形成しますが、鉄とのキレート(吸着)はフルボ酸鉄となり海洋への鉄分の移動の大きな部分を占めると共に、植物 (含む、植物性プランクトン)の生長を促進する効果を示するデータがあります(動物に対してのデータはまだ少ないです)。山の広葉樹の落ち葉が腐植物質と なり、川に流れ腐植物質中のフルボ酸が川の砂鉄とキレート(吸着)して海に流れて、海を無毒化し、クロレラなどを育み海草を育て生命の源となったのは「も ののけ姫」でも知られています(生命の生誕に必要)。

フルボ酸の特徴

地球にある重金属は、人間にも同じ重金属が含まれます。フルボ酸は、重金属をキレートし排除します。また必要なものは吸収しミネラ ルバランスを整え、免疫力の向上や抗酸化・抗菌作用が働き、抗ヒスタミン(アレルギー:花粉症・アトピー・蕁麻疹等)制御を促します。食生活に利用するこ とで、栄養吸収を助け、体内外のデトックスを助長します。

ミヤモンテフルボ酸

sample

ミヤモンテフルボ酸は、 植物発酵抽出液を独自の培養技術により、自然界に存在するフルボ酸を抽出消費することなく、またフミン酸等を含まない100%オーガニックで培養されたフ ルボ酸です。100%オーガニックですので、無臭・無害・副作用がない安全な製品です。自然由来原料ですので、赤ちゃんにも無害です。また、臭わないので ペットにもご利用できます。


fulvicacid

これがフルボ酸!



放射能とフルボ酸

fulvicacidsample

2011年5月19日 米沢市内の庭の砂の地表近くでガイガーカウンターを使用してミヤモンテフルボ酸を散布した空気中の放射線量 の減少を実験しました。フルボ酸を使用しないオレンジのカウンターは0.20μSv/hでした。20倍希釈のフルボ酸を散布したところ0.09μSv/h まで減少しました。


 

fulvicacidsamplefulvicacid

2011年5月22日 室内の放射線量を計測したところ0.124μSv/hでした。密封袋内の中にフルボ酸液を20倍に希釈して スプレー散布したところ0.073μSv/hまで減少しました。その後、袋から取り出すと0.145μSv/hまで再上昇しました。カウンターが汚れない ようにセンサー以外にラップをかけて、外から撮影しているのでみづらいですが、数値が微妙に変化し続けています。

2011年4月20日 福島第二原子力発電所でミヤモンテフルボ酸が汚染された海水に試されました。試験用汚染海水に液体ミヤモンテフルボ酸が注がれました。 1時間後に
1-131   1/7に減少
Cs-134   1/9に減少
Cs-137   1/9に減少
が確認されました。

お求めはコチラ→


a:21731 t:5 y:8

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional